想像していたバイクと違う場合の対処法について

トラブル発生?!
バイク売買のケーススタディ

CASE STADY

想像していたバイクと違う!どうしよう?!

想像していたバイクと違う場合は乗り換えも視野に

一目ぼれしたバイクを購入したものの、いざ乗り始めてみたら想像していたバイクと少し違う……。バイク購入後に理想と現実の差を感じることが意外に少なくありません。基本的には、どのバイクも人間が乗りやすいよう設計されています。そのため、しばらく乗っていれば、愛着も湧いて多少の違和感はすぐに解消されるものですし、例え足が着きにくかったり、乗り心地が悪かったりしても、カスタムすれば好みの状態に近づけることができるはずです。
しかし、どうしても違和感が解消できなかったり、カスタムでも改善されなかったりする場合には、バイク買取業者を利用した乗り換え(下取り)や売却の検討がお勧めです。
乗り換えとは、同一の業者で新たに乗るバイクを購入する前提に、乗っていたバイクを売却することです。バイクは、年式の新しいもの、走行距離が短いもの、車両コンディションが良いもの程、高く売却できるので、購入したバイクに不満があるなら、なるべく早めにバイクの売却を検討されると良いでしょう。
一部のバイク買取業者では、買取金額のアップや、次に乗るバイクの購入補助をしてくれるキャンペーンを定期的に開催しています。中でもバイクワンが行っている「乗り換え支援キャンペーン」は、同社でバイクを売却した場合、全国どのバイクショップでバイクを購入しても、補助が受けられるというユニークなもの。次に購入するバイクの選択肢を広げる意味でも、とても有益なキャンペーンです。バイクの売却を考えている場合は、こうしたキャンペーンもしっかりチェックして、依頼先を選ぶとよいでしょう。

目的や用途、自分の身体に合ったバイクがベスト

購入後に後悔しないバイクの選び方として、大まかに2つのポイントが考えられます。それは「目的や用途でバイクを選ぶ」ことと「足つきをしっかりチェック」することです。まずは目的や用途についてですが、一口にバイクといっても、タイプによって、どういった走りを得意とするかが違います。見た目の印象だけではなく、それぞれのバイクの特性までしっかり把握してバイクを選ぶことが大切です。

バイクの主なタイプとその特徴

●ネイキッド
バイクの基本形ともいうべきスタイルで、カウルを装備していないのが特徴です。身体に負担のかからない乗車姿勢で扱いやすい為、教習車に採用されることが多いタイプです。

●スーパースポーツ
サーキット走行などのスポーティーな走行を得意とするタイプです。前傾の乗車姿勢は、バイクとの一体感が高い反面、長時間の走行は身体への負担が大きい傾向にあります。

●ツアラー
快適な長距離ツーリングを目的にしたタイプです。空力に優れた大型のカウルや高出力のエンジン、長時間の乗車でも疲れにくい乗車姿勢などが特徴です。

●アメリカン
ハーレーダビッドソンなどに代表される北米大陸に風土の中で発達したオートバイや、それに類するタイプを指します。比較的車高が低く、長いホイールベースが特徴です。

●ビッグスクーター
250cc以上の排気量を持つスクータータイプのバイクを指します。高速道路走行を快適にする防風スクリーンや広い収納スペースなど、実用性の高さが特徴です。

●オフロード
未舗装の道を走破できる設計されたバイクです。軽量かつ細身の車体が特徴で、ちょっとした転倒などで簡単に壊れない頑丈さを持っています。車高、シート高があるため、足つきが悪い傾向があります。

足つきに関して

足つきとは、停車時に片足、もしくは両足が確実に地面に着くかどうかということです。足が着かない場合、停車時の安定性が損なわれるので、バイクを選ぶ際の重要な要素です。 シートの高さは、バイクのスペック表で把握できますが、実際の足つきは、車体やシートの幅に左右されますので、バイクショップで実車にまたがるなど、しっかりチェックをしてから購入するバイクを選ぶと良いでしょう。

鬼車整備長のなんでも相談室

体格に合わないバイクで大苦戦

俺が初めて買ったのはオフロードバイクだったんだけど、足がぜんぜん着かなくて泣きたくなったぜ。購入したバイクショップに相談したら、車高調整キット(ローダウンキット)を進めてくれて、車高を下げて、どうにか足が着くようになったのを思い出した(笑)。

はじめは、自分にはバイクが乗りこなせないんじゃないかと不安だったけど、乗っているうちにだんだんコツがつかめて来て、最終的には元の車高でも乗れるようになったよ。足つきの不安は、車高を下げたり、シートを薄くすることで、改善できるので、多少足つきが悪くても問題ないと思うんだけど、鬼車さんの意見はどうかな?

自分の体格にあったバイクが一番

足つきは乗りやすさにも直結するし、停車時の安全性を左右するから、軽視できないポイントだぜ。後から調整できるとは言え、車体バランスを少なからず変えてしまうので、標準の状態で足が着くことを基準に考えた方がいい。兎太郎の言う通り、慣れでカバーできる部分もあるが、1台目のバイクを買うなら、自分の体格にあったバイクをチョイスするのがベストだ。

あと、足つき以外で考えてほしいのは、バイクのタイプだな。長距離のツーリングを楽しみたいならエンジンパワーのあるツアラーやビッグスクーター。街中などストップ&ゴーが多い環境なら、ネイキッドや車体の軽いオフロードなど、用途や目的に合ったバイクがお勧めだ。

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車