旧車バイクが高値で売れる時代が到来!

知って得する!?
知って得する!?バイクを買取に出すときのコツを紹介!

POINT

空前の旧車ブーム到来!ガレージに眠っているのは宝物?

一部のバイク好きにはたまらない魅力を持つ旧車バイク。俗に「Q車」などと表記されることもありますが、昨今、この旧車バイクが空前のブームとなっています。プレミアム価格が付いて、すでに新車時代の値段を超えている例もたくさん見られます。暖かい季節になると、高速道路や山道では、古き良き時代を懐かしんで走行する旧車サークルの姿も。バブルの前後に青春時代を過ごした方々にとっては、ワクワクする姿ではないでしょうか?自宅のガレージに、昔乗っていた旧車は眠っていませんか?メンテナンスをして再び走行可能な状態にすれば、非常に高い査定額が付くかも知れません。ガレージには、思わぬ宝物が眠っているかも?

旧車バイクは高値で買取られる?

■車種によっては高値で売れる旧車バイク

空前の旧車バイクブームが到来しています。休日の高速道路などでは、古き良き時代を楽しむ旧車サークルの姿を目にすることも少なくありません。

80年代、日本では各バイクメーカーがしのぎを削って名車を生産しました。以後、バブルの崩壊と長きにわたる景気低迷の影響の中で、徐々にバイクブームも鎮静化。そして今、当時の名車がふたたびブームとなって公道を闊歩しています。

なぜ、これほどまでに旧車の人気が復活してきたのでしょう?考えられる理由は2つ。1つめが、一定数のバイクオタクの存在。バイクに限らず、どんな対象でもオタクが存在します。彼ら、彼女らは、古くてレアなものには目がありません。名車であれば動かなくても欲しい、という人までいます。ましてメンテナンスがしっかり行われていて、かつ、現役でも何ら問題なく走行できる旧車は、バイクオタクにとって高額なコストをかけてでも手に入れたい一品なのです。

もう一つの理由が、当時の若者に多少の経済的余裕が出てきたこと。80年代にバイクブームが巻き起こったころ、当時の若者の多くは、バイクが欲しくてなりませんでした。しかしながら、価格的には高嶺の花。当時、欲しくてもバイクを買えなかったという世代が、現在では、多少の経済的余裕が生まれる年齢にもなりました。青春時代の夢を今一度懐かしみたい人たちが新たな市場を作り出している、ということです。

■人気の旧車バイクモデル一覧

自宅のガレージに眠っている旧車バイクは、本当に価値があるのでしょうか?残念ながら、まったく価値がなくなってしまった車種があることも事実。売却を検討される場合には、今一度、ご自身の旧車バイクの車種を確認してみてください。万が一、以下の車種であることが判明した場合には、思わぬ高値で売れる可能性があります。

カワサキ
Z1/Z2 GPZ900R
Z1000R 1型~2型 ゼファー400/400カイ
ゼファー1100/RS -
ホンダ
NSR250R NS400R
CB1100R RC RD CB750 K0~K6
CBR400F 1型~2型 CBX400F
CBX1000 VFR750
ヤマハ
RZ250 RD250
RZV500 SR500 1型~2型
XS650 -
スズキ
GSX1100S KATANA RG500 γ(ガンマ)
GT380 -

少しでも高く旧車バイクを売る方法

・見た目を綺麗にする

見た目を綺麗にしておくだけでも、査定額は上がります。汚いバイクよりも綺麗なバイクのほうが好まれることは、当然です。サビが生じている場合には、自分である程度まで修繕できないか試してみましょう(無理をしてバイクに傷付けないように注意)。

・バッテリー上がりの場合は修理を検討する

何年も乗っていないバイクの場合、高い確率でバッテリーが上がっています。充電またはバッテリー交換でエンジンがかかる可能性があるので、試してみると良いでしょう。ただし、バッテリー以外の原因でバイクが動かない場合には、下手に修理に出すよりも、動かない状態のまま買い取ってもらったほうがお得になる場合があるので要注意。

・修理歴・事故歴を正直に申告する

査定をしてもらう際には、過去の修理歴・事故歴を正直に申告してください。仮に修理歴・事故歴を隠したとしても、プロの査定員には簡単にバレます。隠していることで心証が悪くなり、査定額が下がる可能性があるので注意してください。

・旧車に強い買取業者を探す

極端な言い方ですが、旧車を「単なる古いバイク」と見る業者と、「特別なプレミアムが付いたバイク」と見る業者があります。そのため、旧車の査定は業者により著しく違います。旧車を高く買ってくれる業者かどうかを確認するためには、1社ではなく複数社に査定を依頼するようにしましょう。

【まとめ】放置せずに何らかのアクションを

かつて旧車バイクを購入したものの、現在は廃車にしてガレージに眠らせたまま、という人もいるでしょう。それらバイクは、すでにエンジンがかからなくなっている可能性が高いと思われます。

しかしながら、大きな故障を原因として不動になった訳ではない限り、しっかりとメンテナンスを行なえば、ふたたび息を吹き返すかも知れません。息を吹き返した旧車は、高値で売れる可能性があります。

今一度、青春時代を懐かしみたいならば、専門業者に修理に出して旧車バイク生活を楽しんでみても良いでしょう。一方で、すでにバイクに興味がないならば、買取業者に査定を依頼して買い取ってもらうのはいかがでしょうか?

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車