バイクを売るときは走行距離が大事な査定基準

知って得する!?
バイク買取のコツを紹介!

POINT

走行距離が多くても愛車を大切に扱っていれば査定の印象が変わる

中古バイクを業者等に売る時、走行距離が大事な査定基準になることは誰でも知っていること。走行距離が少なければ少ないほどバイクの状態は良いと推測されるため、走行距離が査定額に影響を与えることは仕方のないことでしょう。

中には、少しでも査定を高くする目的で、メーターに細工を加える人もいるようですが、バイク屋さんには簡単に細工がバレてしまいます。実質以上に査定額を下げられる可能性があるため、メーターに細工を加えるのは絶対にやめましょう。

たとえ走行距離が長くても、普段から愛車を大切に扱うこと。これが少しでも査定額を上げるための大切なポイントです。

走行距離はバイク査定の大事な基準!少しでも高く売るには?

■走行距離が少ないほど査定額は高くなる

かならずしも走行距離の多さがバイクの状態に比例する訳ではありませんが、現実として、走行距離が少なければ少ないほど買取査定額が上がることは事実です。

バイク買取の査定員は、もちろん走行距離よりも現状のバイクの状態のほうが大事であることは分かっています。しかし中古車販売市場においては、走行距離が短ければ短いほど高値で買ってくれる末端ユーザーが多いため、買取査定額でも走行距離は大事な基準となっています。

買取査定における走行距離は、一般に次の5段階に分類されると言われています。

  • ・5,000km以下
  • ・10,000km以下
  • ・20,000km以下
  • ・30,000km以下
  • ・30,000km超

30,000kmを超えているバイクの場合は、何万キロであれ査定額に大きな影響を与えません。逆に30,000km以下の場合は、走行距離が査定額に大きな影響を与えます。30,000km程度の走行でバイクの性能に大きな影響があるとは考えにくいのですが、市場ではこのような発想で取引がなされている現状を理解しておきましょう。

■走行距離で査定が変わるのは日本独自の考え方

50ccのバイクも含め、日本製のバイクが数万キロ程度の走行距離で動かなくなることは、初期不良以外に、通常は考えられません。よって走行距離5,000kmのバイクと30,000kmのバイクとを比較した時、現実問題、後者のほうが状態が良いこともあります。海外では、走行距離よりも現在の状態を基準に査定額が決まる傾向があるとのこと。当然と言えば当然の発想です。走行距離が査定額に影響する理由は、日本の厳しすぎる車検制度に由来する、とも言われています。

■メーター交換をしても得することは何もない

走行距離を偽装するために、メーターを巻き戻したり、メーター交換を行なったりする人がいるようです。結論から言うと、メーターの巻き戻しや交換は、買取査定において著しい悪印象を残します。ぜったいにやめましょう。プロの査定人の目には、メーターをいじっていることなどお見通しです。

また、たとえメーターの巻き戻しや交換を行なったとしても、バイクの年式やタイヤの減り具体、ブレーキパッドの状況など、様々な要素を確認すれば、大方の走行距離は推測可能です。

なお、何らかのやむを得ない理由があってメーター交換等をした場合には、査定前に、かならずメーター交換を行なった旨を自己申告してください。これだけでも査定員の印象は変わります。メーター交換をしたにも関わらず黙っていると、査定額は実質以上に下げられてしまう恐れがあるので注意してください。

走行距離が多いバイクを少しでも高く売る方法

・4月と7月の需要タイミングに合わせて売る

4月には、入学や入社といった新生活のイベントが集中する時期。ライフスタイルの変化により、移動手段としてバイクを選ぶ人も少なくありません。バイク屋さんでは、このタイミングで中古車が品薄となります。多少買取額を上げてでも在庫を確保しようと思う業者が多いようです。7月は会社の異動(転勤)が多い時期なので、4月と同じ理由で中古バイクの需要が増えます。また、大学生などが夏休みをきっかけにバイクを購入したがる時期でもあるため、業者は少々値段を上乗せして中古バイクを買い取ってくれることがあります。

・見た目を綺麗にしておく

たとえ同じ走行距離・同じ車種のバイクであったとしても、見た目がピカピカのバイクと、ほとんど手入れされていないサビ付いたようなバイクとでは、全く査定額が違います。実際、見た目がピカピカの場合は、普段からバイクの扱いが丁寧であることが推測されます。手入れが雑なバイクに比べれば、扱いの丁寧なバイクは、その後の寿命も長くなるでしょう。

・時々エンジンをかけておく

バイクを数ヶ月放置していると、エンジンがかからなくなることがあります。いざ査定してもらうに及び、エンジンのかかりが悪いバイクは、査定の印象も悪くなるでしょう。乗らないバイクは放置せず、最低でも1週間に1度はエンジンをかけるようにしておいてください。

【まとめ】日ごろから愛車を大事に扱うことが大切

か走行距離が多いバイクは、その分、査定額を下げる理由になります。バイクの状態の良し悪しとは別に、この点は理解して買取査定をお願いしましょう。しかし、たとえ走行距離が多くても、普段から大事に乗っているバイクは査定の印象も良くなります。大事なバイクを少しでも長持ちさせるよう、また、将来的に少しでも高い価格で買い取ってもらえるよう、日ごろから愛車を大事に扱うようにすることが大切です。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。