バイクの売却時に用意すべき書類

知って得する!?
バイク売却のポイント紹介!

POINT

バイクを売る時に必要なものって何?

バイク売却前に準備しておかなければならない書類とは?

バイクを買取業者に売却する場合、廃車手続きを行う必要があります。通常は業者が手続きを代行してくれるので、利用者の手間はありませんが、事前にいくつかの書類と印鑑を用意しておく必要があります。書類は売却するバイクの排気量に応じて、異なりますので注意が必要です。詳しくは下記でご案内いたします。

バイク売却に必要な書類一覧

251cc以上のバイク

① 自動車検査証
② 自賠責保険証
③ 身分証明書(免許証・保険証・マイナンバーカード等、本人確認ができるもの)
④ 印鑑

126cc~250ccのバイク

① 軽自動車届出済証
② 自賠責保険証
③ 身分証明書(免許証・保険証・マイナンバーカード等、本人確認ができるもの)
④ 印鑑

125cc以下のバイク

① 標識交付証明書
② 自賠責保険証
③ 身分証明書(免許証・保険証・マイナンバーカード等、本人確認ができるもの)
④ 印鑑

こんな場合は注意が必要!

ほとんどの場合、必要書類が揃っていれば売却をスムーズに進めることができます。しかし、以下のような状況に当てはまる場合は、必要書類とは別に事前に用意するものがあります。

バイクの名義が自分ではない場合

バイクの名義が、本人以外になっている場合は、別途書類が必要になります。ローンでバイクを購入(完済)した場合は「完済証明書」、親御さんの名義でバイクを購入した場合は「委任状と所有者の身分証明書」が必要になる場合があります。業者によって書式や必要な書類が異なる為、どういった書類が必要なのか、あらかじめ確認されておくとよいでしょう。

ナンバープレートがない場合

売却するバイクのナンバープレートを紛失してしまった場合、126cc以上のバイクは、警察署へ標識紛失届を出す必要があります。その後の手続きや125cc以下のバイクの場合は、業者が代行してくれる場合が多いですが、事前に確認しておくのが良いでしょう。

必要書類をなくした場合

必要書類(標識交付証明書・軽自動車届出済証・自動車検査証)をなくしてしまった場合、バイク買取業者側で必要書類の再発行手続きを代行してくれるケースがほとんどです。もし書類を紛失した場合は、まず業者に問い合わせてみると良いでしょう。

未成年の場合

バイクを売却する本人が未成年の場合、親権者の身分証のコピーと同意書が必要となります。同意書の書式は買取業者によっては指定がある場合があるので、どういった書類を用意すべきかを含め、事前に問い合わせておくとよいでしょう。

鬼車整備長のなんでも相談室

バイク購入時の書類が揃っていれば問題ないハズ

パッと見、必要書類がたくさんあるように思えるが、どれもバイク購入時にもらっている書類だから、ちゃんと保管していれば問題はないハズ。
オレの場合は、車体の収納スペースに軽自動車届出済証と自賠責保険証を収納してあったので、探すまでもなかったぜ。

「書類を探したけど見つからない」なんて場合は、車体に収納されている場合もあるので、車載工具の収納スペースやシートの裏側などをチェックしてみると良いかも。もし、書類を失くしてしまった場合でも、身分証さえあれば業者が何とかしてくれるから、気軽に聞いてみるといいと思うぜ。

書類に記載されている所有者を要確認

おいおい兎太郎。いくら買取業者が、書類の再発行を代行してくれるからって、丸投げするのは良くないな。事情があって書類が揃わない場合は仕方がないが、出張買取の場合、書類不備が原因で、即金対応を受けられない場合もあるだんぜ?

あと、書類に関して注意したいのは、自動車検査証などに記載されている所有者が、自分のものであるかどうかだ。ローンで購入した場合、所有者がクレジット会社か購入したバイクショップになっていることがあるが、この場合、バイクを売却するには、所有者を自分に変更する必要がある。詳しい方法は、売却を考えている業者に相談してみると良いだろう。

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車