バイク買取時の保険の取り扱いについて

知って得する!?
バイク売却のコツ紹介!

POINT

バイク買取時の保険の取り扱いについて

バイクを買取に出すときは、名義の変更など様々な手続きが必要になります。保険の取り扱いもその一つです。

バイクの購入時に必ず加入しなければならない自賠責保険に加え、任意保険にも加入している人も多いでしょう。

そこでここでは、バイクを買取に出すときの保険の取り扱いについてまとめて解説していきます。

自賠責保険の返金システムは排気量によって異なる

バイクに乗るときは、当然ながら自賠責保険に加入していなければなりません。1年契約、2年契約、5年契約などの期間を決め、かならずバイクに乗る前に自賠責保険に入ります。

ところで、自賠責保険の契約期間がまだ残っているにも関わらずバイクを売ってしまう場合、残りの保険期間分として払ってしまった保険料はどうなるのでしょう?お金は戻ってくるのでしょうか?

答えは「排気量によって違う」ということ。250ccを境に、自賠責保険の残額の扱いは異なります。結論だけ言えば、売主が大きく損をする、ということはないので安心してください。ただし、保険の残り期間によっては、解約しても微々たるお金しか戻らないこともあるので承知しておきましょう。

ここでは、バイクを売るときの自賠責保険の扱いについて詳しく見ていきます。

バイクを売るときの自賠責保険の扱いは?

排気量によって自賠責保険の扱いが異なる

バイクを売る時、自賠責保険を一緒に解約できるかどうかについては、「車検が必要なバイクかどうか」で決まります。

ご存知の通り、250cc以下のバイクなら車検は要りません。251cc以上のバイクには車検が必要です。よって、バイクを売る時の自賠責保険の扱いは250ccを境目に取り扱いが変わる、と考えておきましょう。

250cc以下のバイクを売るときは自賠責保険も一緒に解約できる

原動機付自転車も含め、250cc以下のバイクを売る時には、自賠責保険の残りの期間について解約することができます。解約すれば、保険会社から過払いとなっている保険料を返金してもらうことができます。

ただし、単純に保険料の月割り計算分が返金される訳ではないので注意してください。自賠責保険の解約においても、保険に特有の「解約返戻率」を基準に返金額が決まります。保険契約期間が残り少ない場合、各種の手間を考えると「解約しないで放置していても良かった」ということにもなりかねません。保険会社に返金額を確認したうえで、解約すべきかどうかどうかを各自で考えるようにしましょう。

251cc以上のバイクを売るときは自賠責保険を解約できない

251cc以上のバイクを売るときには、自賠責保険を解約することができません。車検と自賠責保険がセットになり、次のオーナーへと引き継がれる形になります。

すでに払込済の保険料については売却査定額に上乗せされるため、特に売主が損をするということはありません。

排気量に関わらず、廃車にするときには自賠責保険を解約できる

バイクを売るのではなく、バイクを廃車にする場合には、排気量に関わらず自賠責保険を解約することができます。

自賠責保険証明書、印鑑、廃車を証明する書類、新しいバイクの車体番号を確認できる書類、ナンバーk-プレートに添付しているステッカー等、保険会社の求めに応じた書類を用意して所定の手続きを行なってください。

新しいバイクに自賠責保険を引き継ぐことも可能

古いバイクを売って新しいバイクに買い替える場合、古いバイクで契約していた自賠責保険を新しいバイクに引き継ぐことができます。この手続きのことを「車両入替」と言います。

「車両入替」は、①250cc以下のバイクであること、②古いバイクの廃車を証明する書類が必要となること、③買い替えるバイクの排気量等によっては「車両入替」ができないことがあること、以上の3点を承知しておきましょう。

自賠責保険を解約することがお得かどうかをよく考える

自賠責保険を解約することで、過払いとなっている保険料については、保険会社から返金してもらうことができます。ただし、すでに説明した通り、返金額は月割で計算される訳ではありません。払込済の保険料に「解約返戻率」という比率を乗じた金額が返金されることになります。

仮に2年間の自賠責保険に加入している場合、保険契約の残期間に応じた「解約返戻率」の目安は、おおむね次の通りです。

解約返戻率の目安
残り24ヶ月 100%
残り18ヶ月 37%
残り12ヶ月 25%
残り6ヶ月 12%
残り0ヶ月 0%

2年契約をした当日に解約をすれば、保険契約の残期間が24ヶ月となるため、払った保険料の100%が戻ります。

しかしながら契約から半年経つと、保険契約期間がまだ1年半も残っているにも関わらず、解約返戻率は37%と半分以下に。契約から1年後には25%、契約から1年半後には12%まで下がります。

「保険契約期間が残り6ヶ月もあるから自賠責を解約しよう」と考え、様々な煩わしい手続きを行なったとします。しかしフタを開けてみれば、通帳に入金されたお金は数百円程度だった…、ということもありうるでしょう。

手間と金額を考慮し、解約することが本当に得策かどうかを考えて行動してください。

【まとめ】バイク買取業者によく相談しよう

自賠責保険が残ったままのバイクを売る際、250cc以下であれば自賠責保険の残りを解約することが可能。ただし250cc以上であれば、車検と一緒に次のオーナーに自賠責保険が引き継がれるため、解約することはできません。

また、仮に自賠責保険の解約をできる状態であったとしても、残りの保険期間次第では、あまり得策とは言えない事態になる恐れもあります。

バイクを売るときの自賠責保険をどのように扱うべきか、買取業者さん等によく相談してみてください。提示されるいくつかの方法の中で、もっとも自分が得をすると考えられる方法を選択するようにしましょう。

任意保険を解約すれば過払い保険料の一部が返金される

バイクを買った時、自賠責保険とは別に、ほとんどの方が任意保険に加入していることでしょう。任意保険の保険料には、月払いと一括払いがありますが、割安な一括払いを選んでいる例が多いようです。

ところで、任意保険を一括払いした場合、まだ保険期間が残っている間にバイクを売ってしまったら、過払いとなっている保険料は返金されるのでしょうか?返金されるとすれば、その金額は月割で計算されるのでしょうか?

結論から言うと、保険期間が残っている間にバイクを売り、なおかつ任意保険の解約手続きを行なった場合には、過払い分の保険料が返金されます。ただし「短期料率」という制度が適用されるため、月割計算よりは低い返金額となるのが通常。返金額が割安になるとは言え、特に125ccを超えるバイクの場合は任意保険の保険料は決して安くはありません。バイクを売る際には、忘れずに任意保険の解約手続きを行ないましょう。

バイクを売る時に任意保険を解約すると得するの?

■残りの保険期間によって保険料の一部が返金されることもある

任意保険の保険期間が残っている状態でバイクを売る場合、保険会社に申請すれば途中解約をすることができます。一括で保険料を支払っている場合、解約によって返金が生じる可能性があるので、保険期間が残っている場合には解約手続きを忘れないようにしましょう。

・任意保険の解約は難しくない

任意保険の解約は、基本的に保険会社に解約の旨を伝えて所定の手続きをするだけで、比較的簡単に解約をすることが可能。解約に必要なものは以下の4点になります。

①保険証券
契約の際にかならず交付されています。紛失した場合は、保険会社に申し出て再発行手続きをしましょう。
②身分証明書
運転免許証やパスポートなど、なるべく顔写真入りの身分証明書を用意してください。
③印鑑
解約書類には捺印が必要です。認印でも構いません。
④銀行口座
返金される保険料の振込口座です。

■バイクを処分するときの任意保険の解約手順

以下、バイクの処分方法の違いに応じた任意保険の解約手順について確認します。

・バイク買取業者にバイクを売る場合

保険代理店、または保険会社の支社等に連絡をし、解約書類を取り寄せます。必要書類をそろえて返送すれば、解約手続きが終了です。
買取業者が保険代理店を兼務している場合、出張査定の際に解約手続きをしてもらうことも可能。ただし、業者によっては手続き代行手数料が発生することがあるので注意してください。

・バイク屋さんにバイクを売る場合

バイク屋さんが保険会社の代理店を兼務している場合、バイクを売る際に任意保険の解約手続きをすることができます。
バイク屋さんは、基本的に手続き代行手数料を請求しません。バイクを売る際、忘れずに保険証券や印鑑などを持参しましょう。

・個人取引でバイクを売る場合

ネットオークションや知人間等での売買の場合、任意保険は自分で解約しなければなりません。保険代理店や保険会社等に連絡をし、解約に必要な書類を取り寄せた上で手続きを行なって下さい。

・バイクを廃車にする場合

バイクを廃車にする際は、自分で任意保険の解約手続きを行ないます。保険代理店や保険会社に解約を申し出た上で、所定の手続きを行なって下さい。

■一括で保険料を支払っている場合には「短期料率」が適用される

任意保険の保険料を、年単位等で一括払いしている場合、解約によって生じる返金額は月割計算になる訳ではありません。支払済の保険料に対し、いわゆる「短期料率」を乗じて算出された金額が、実際の返金額となります。
1年契約の場合で、かつ半年の保険期間を残して解約した場合、一般に返金される金額は30%程度。契約期間が半分残っているからと言って、保険料の半額が返金される訳ではない点、承知しておきましょう。

■【大前提】たとえ50ccでも任意保険には入るべき

バイクに乗る際に加入する保険は2種類。自賠責保険と任意保険です。
自賠責保険は加入が義務付けられているため、否が応でも入らざるを得ません。それに対して任意保険は、文字通り、入るかどうかは「任意」。つまり、入らないという選択肢も用意されているのです。

ところで自賠責保険が補償している内容は、あくまでも「他人の身体に対する被害」のみ。すり抜け走行中、フェラーリに傷を付けてしまっても自賠責保険では補償されません。自爆事故によるバイクの破損や自分のケガについても、自賠責保険では補償がありません。バイクが盗まれても、警察が犯人を見つけてくれな限り、泣き寝入りです。

自賠責保険は義務であり任意保険は任意ですが、これら現実的な観点から、任意保険にも必ず加入しておくようにしましょう。

【まとめ】手続きはシンプル!忘れずに解約手続きを

車を所有している場合、125ccまでのバイクであればファミリーバイク特約に加入できるため、バイクにかかる任意保険料はかなり安く抑えられます。しかしながら125ccを超えた排気量になると、バイク単独で任意保険に加入しなければならなくなるため、保険料はグッと上がります。

バイクの任意保険の解約手続きは、自賠責保険の解約手続きとは異なり、廃車証明などの面倒な書類は必要ありません。いたってシンプルな手続きのみで完了するので、バイクを売るときには忘れずに任意保険の解約を行なうようにしましょう。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。