自賠責保険解約のポイントは排気量と残りの保険期間

知って得する!?
バイク売却のポイント紹介!

POINT

自賠責保険の返金システムは排気量によって異なる

バイクに乗るときは、当然ながら自賠責保険に加入していなければなりません。1年契約、2年契約、5年契約などの期間を決め、かならずバイクに乗る前に自賠責保険に入ります。

ところで、自賠責保険の契約期間がまだ残っているにも関わらずバイクを売ってしまう場合、残りの保険期間分として払ってしまった保険料はどうなるのでしょう?お金は戻ってくるのでしょうか?

答えは「排気量によって違う」ということ。250ccを境に、自賠責保険の残額の扱いは異なります。結論だけ言えば、売主が大きく損をする、ということはないので安心してください。ただし、保険の残り期間によっては、解約しても微々たるお金しか戻らないこともあるので承知しておきましょう。

ここでは、バイクを売るときの自賠責保険の扱いについて詳しく見ていきます。

バイクを売るときの自賠責保険の扱いは?

排気量によって自賠責保険の扱いが異なる

バイクを売る時、自賠責保険を一緒に解約できるかどうかについては、「車検が必要なバイクかどうか」で決まります。

ご存知の通り、250cc以下のバイクなら車検は要りません。251cc以上のバイクには車検が必要です。よって、バイクを売る時の自賠責保険の扱いは250ccを境目に取り扱いが変わる、と考えておきましょう。

250cc以下のバイクを売るときは自賠責保険も一緒に解約できる

原動機付自転車も含め、250cc以下のバイクを売る時には、自賠責保険の残りの期間について解約することができます。解約すれば、保険会社から過払いとなっている保険料を返金してもらうことができます。

ただし、単純に保険料の月割り計算分が返金される訳ではないので注意してください。自賠責保険の解約においても、保険に特有の「解約返戻率」を基準に返金額が決まります。保険契約期間が残り少ない場合、各種の手間を考えると「解約しないで放置していても良かった」ということにもなりかねません。保険会社に返金額を確認したうえで、解約すべきかどうかどうかを各自で考えるようにしましょう。

251cc以上のバイクを売るときは自賠責保険を解約できない

251cc以上のバイクを売るときには、自賠責保険を解約することができません。車検と自賠責保険がセットになり、次のオーナーへと引き継がれる形になります。

すでに払込済の保険料については売却査定額に上乗せされるため、特に売主が損をするということはありません。

排気量に関わらず、廃車にするときには自賠責保険を解約できる

バイクを売るのではなく、バイクを廃車にする場合には、排気量に関わらず自賠責保険を解約することができます。

自賠責保険証明書、印鑑、廃車を証明する書類、新しいバイクの車体番号を確認できる書類、ナンバーk-プレートに添付しているステッカー等、保険会社の求めに応じた書類を用意して所定の手続きを行なってください。

新しいバイクに自賠責保険を引き継ぐことも可能

古いバイクを売って新しいバイクに買い替える場合、古いバイクで契約していた自賠責保険を新しいバイクに引き継ぐことができます。この手続きのことを「車両入替」と言います。

「車両入替」は、①250cc以下のバイクであること、②古いバイクの廃車を証明する書類が必要となること、③買い替えるバイクの排気量等によっては「車両入替」ができないことがあること、以上の3点を承知しておきましょう。

自賠責保険を解約することがお得かどうかをよく考える

自賠責保険を解約することで、過払いとなっている保険料については、保険会社から返金してもらうことができます。ただし、すでに説明した通り、返金額は月割で計算される訳ではありません。払込済の保険料に「解約返戻率」という比率を乗じた金額が返金されることになります。

仮に2年間の自賠責保険に加入している場合、保険契約の残期間に応じた「解約返戻率」の目安は、おおむね次の通りです。

解約返戻率の目安
残り24ヶ月 100%
残り18ヶ月 37%
残り12ヶ月 25%
残り6ヶ月 12%
残り0ヶ月 0%

2年契約をした当日に解約をすれば、保険契約の残期間が24ヶ月となるため、払った保険料の100%が戻ります。

しかしながら契約から半年経つと、保険契約期間がまだ1年半も残っているにも関わらず、解約返戻率は37%と半分以下に。契約から1年後には25%、契約から1年半後には12%まで下がります。

「保険契約期間が残り6ヶ月もあるから自賠責を解約しよう」と考え、様々な煩わしい手続きを行なったとします。しかしフタを開けてみれば、通帳に入金されたお金は数百円程度だった…、ということもありうるでしょう。

手間と金額を考慮し、解約することが本当に得策かどうかを考えて行動してください。

【まとめ】バイク買取業者によく相談しよう

自賠責保険が残ったままのバイクを売る際、250cc以下であれば自賠責保険の残りを解約することが可能。ただし250cc以上であれば、車検と一緒に次のオーナーに自賠責保険が引き継がれるため、解約することはできません。

また、仮に自賠責保険の解約をできる状態であったとしても、残りの保険期間次第では、あまり得策とは言えない事態になる恐れもあります。

バイクを売るときの自賠責保険をどのように扱うべきか、買取業者さん等によく相談してみてください。提示されるいくつかの方法の中で、もっとも自分が得をすると考えられる方法を選択するようにしましょう。

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車