【ホンダ レブル250】の買取情報

今が売り時!?中古市場で
人気バイクはこれだッ!!

POPULARITY

バイク買取情報【ホンダ レブル250】

ホンダ レブル250
引用元:本田技研工業株式会社(http://www.honda.co.jp/)
買取相場価格300,000円~445,200円

シンプルながら力強いデザインが魅力の次世代クルーザー

アメリカン譲りの足つきの良さは初心者にもおすすめ

新型レブル250/500は2017年に発売されたアメリカンスタイルのバイクです。もともとレブルは1985年に日本でデビューしたモデル。気軽に乗れるアメリカンクルーザータイプとして評判を呼び、ロングセラーとなりました。日本だけでなくアメリカでも人気を集め、長く愛されました。

それをフルモデルチェンジしたものが新型レブルです。250cc単気筒エンジンを搭載し、先代の魅力を受け継ぐタイプとして生まれ変わりました。

中でも特筆すべきは足つきの良さ。シートが低いため、身長が低い方や女性でも足が地面につきやすく、原付以外でここまで足つきが良い車種は珍しいとされています。車体がスリムで足も出しやすいため、初心者の方でも乗りやすいことでしょう。

また座面が広いことから長時間乗っていても疲れにくく、座り心地が良いと評判です。厚みのあるシートが衝撃を吸収してくれるのもうれしいポイント。安定性を求める方に選ばれています。

特徴的なタンクと太いタイヤはツーリングでも大活躍

レブル250のタンクは個性的な形をしています。機能性はもちろんのこと、デザインで差をつけたい方にぴったり。容量は11Lと大きめなので、長時間運転する場合にも安心です。

燃費は、公式サイトには時速60km、2名乗車時で46.5km/Lとありますが、実際には30km/L程度が見込まれるでしょう。タンクを満タンにしておけば、だいたい300kmは期待できます。給油キャップはエアプレーンタイプとなっており、給油の際にキャップを取り外す必要がありません。

また、太めのタイヤもレブル250の特徴です。重さを感じるかもしれませんが、太いだけあって安定感は抜群。溝や段差にも強い、堅実な走りを実現しています。軸がぶれにくいため、初心者でも長時間の運転を楽しめるでしょう。たっぷり入るタンクとどっしりしたタイヤを兼ね備えているため、長距離のツーリングもしやすいバイクです。

適合パーツが多くカスタムの幅が広い

レブル250には適合パーツが多数そろっています。これらのパーツを使えば自分好みにカスタマイズすることも可能です。より快適な走りが叶うでしょう。

たとえば、サドルバッグをつければたくさん荷物を入れることができます。通勤やツーリングのために荷物をたくさん運びたいという人も安心。アメリカンクルーザーの雰囲気を損なわずに実用性を高めることができます。

長時間の運転が多い方は、リバーシブルバックレストをつけると、ランディング姿勢をサポートしてくれます。リバーシブルなので1つつけるだけで、タンデム用にもライダー用にも使えます。

アメリカンな雰囲気を楽しみたい人にはエンジンガードがおすすめです。よりスタイリッシュにグレードアップできます。

ホンダ レブル250
型式 2BK-MC49
総排気量 249cc
エンジン 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力 19kw(26ps)/9,500rpm
最大トルク 22N(2.2kgf・m)/7,750rpm
全長/全高/シート高 2,190mm/1,090mm/690mm
重量 168kg(ABS仕様 170kg)
燃料タンク容量 11L
燃料消費率 46.5km/L(60km/h) ※2名乗車時
発売年 2017年
メーカー希望小売価格 537,840円
レブル250シリーズの買取相場
年式最高価格平均価格
MC49(現行)
29年493,100円355,400円

エンジンは違っていても共通のフレームを採用

ホンダレブル250の特徴はほかのバイクと違って排気量の格差がないところだ。通常500と250を比べると250のほうが貧弱に見えてしまうことがあるが、レブルはフレームが共通しているため、ほとんど格差を感じない。大型免許を所有している人が250を選んでも不自然ではないだろう。両方とも重厚な排気音や適度な振動を持ち合わせているため、250でも本格的な乗り心地を楽しむことができる。足つきがよく長時間乗っていても疲れないという特徴もあるから、ツーリングにはもってこいの車種と言えそうだ。

30年ぶりのモデルチェンジで生まれ変わったレブル250

旧レブルは1986年に登場。アメリカンスタイルで人気のあるバイクだったが、1998年に排ガス規制の関係で惜しまれつつ生産終了となってしまった。一方、アメリカでは2016年まで継続販売されていたほど人気のあるバイクだ。国内で30年ぶりにフルモデルチェンジしたのがこのレブル250。旧型レブルの良さを踏襲しながら、新しさも取り入れているのが特徴だ。細かいところにもこだわりがあり、安定感はそのままに、現代でも通用するスタイリッシュさを兼ね備えたモデルとなっている。かつてのバイクファンに愛されたモデルが、現代に再び生まれ変わったタイプと言えるだろう。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。