ホンダのVツインエンジン車VTR250の買取相場

今が売り時!?中古市場で
人気バイクはこれだッ!!

POPULARITY

バイク買取情報【ホンダ VTR250】

ホンダ VTR250
引用元:本田技研工業株式会社(http://www.honda.co.jp/VTR/design/)
買取相場価格35,000円~232,000円

ホンダVツイン250、その血統を受け継いで

始まりは、1982年登場のVT250F

まずはお断りしておきましょう。本ページで取り上げるMC33型ホンダVTR250は、正式には「VTR」が公式車名です。排気量を示す250は正式名称としては表記されていませんが、一般ライダーの多くからVTR250と呼称されていることをふまえ、ここでは便宜上そのように記載させていただきます。

では前置きはこの位にして、VTR250の歴史を振り返っていきましょう。その源流は1982年登場のVT250Fまで遡ることができます。ホンダのロングセラーというと、真っ先に思い浮かぶのはスーパーカブ、そして初代K0型CB750から続く直列4気筒エンジンのCBシリーズがありますが、もうひとつ忘れてならないのが、このVツインエンジン搭載のVTシリーズなのです。

この1980年代というのは、250ccクラスが実に様々なタイプへと枝分かれしていった時代。後に熱烈なブームとなるレーサーレプリカの2ストロークや4ストローク4気筒、オフロードモデルに搭載される単気筒、そして、ホンダが得意としていた、このV型2気筒です。

パワーの面では2ストロークや直列4気筒には及ばなかったものの、初心者にも扱いやすく、また高い耐久性を誇り、なおかつ車検不要な250ccということで、この250ccVツインのVTシリーズは、モデルチェンジをしながら、常時ラインアップし続けられて来ました。

初代のVT250Fから始まり、VTZ250やVT250スパーダ(広告に起用されたのはなんと、F1王者になる前の故アイルトン・セナ!)、アメリカンドラッグスタイルのVツインマグナ、ハーフカウルモデルのゼルビスといったモデルに搭載され続けることで進化と熟成を重ね、ホンダ250ccクラスの代表格となるエンジンという位置づけとなったのです。そして…

VTR1000Fの成功をうけ、その翌年に250も販売開始

1997年に発売開始となったVTR1000Fは、ホンダがドゥカティなどのヨーロッパ車に対抗するために生まれた、ホンダ初の1000ccVツインモデルでした。このモデルのヒットを受け、ホンダVツインエンジンの本家(?)である250ccでも新型モデルの開発に着手。VTR1000Fの大きな特色であるクランクケース後端でスイングアームを支持する「ピボットレス構造」を受け継ぎ、フレームは外観的にも大きな個性となるパイプトラスを採用。こうして誕生したのがVTR250。1998年のことでした。

歴代VT シリーズ250モデルと同じく、初心者や女性ライダー、ベテランまでを幅広く楽しめ、また取り回しの楽さや車体のスリムさなどから人気車種となりました。

初代は2007年までで一旦生産中止となったものの、2009年に排ガス規制クリアのため、キャブレターからインジェクション仕様となり復活。ビキニカウル装着の「F」やローダウン仕様の「LD」も追加されました。そして2017年、新たな排ガス規制に伴い生産終了。しかし、これまでの流れを考えれば、次期後継モデルの登場は、十分に期待できるでしょう。

VTR
型式 JBK-MC33
総排気量 249cc
エンジン 水冷4ストローク2気筒
最高出力 22KW(30PS)/10,500rpm
最大トルク 22N⁻m(2.2kgf⁻m)/8,500rpm
全長/全高/シート高 2,080mm/1,055mm/750mm
重量 160kg
燃料タンク容量 12L
燃料消費率 40.0km
発売年 1993年
メーカー希望小売価格 598,320円
VTR250シリーズの買取相場
年式最高価格平均価格
MC33-170~485,300円303,200円
MC33-160~471,200円294,300円
MC33-140~448,700円280,300円
MC33-130~427,400円267,000円
MC33-110~331,700円169,400円
MC33-102~325,200円177,200円
MC33-100~271,000円148,000円

バイク便ライダー御用達、乗りやすさとコスパが魅力

VTR250は、1980年代から続くホンダ250のロングセラーVT250シリーズの進化版という位置づけだよね。歴代のVT250シリーズは初心者にも乗りやすくて価格も身近、耐久性もあって、車検不要の250といったメリットから、バイク便業界では御用達となっているんだ。これこそが、VTR250の本質を物語っているよね。

で、残念ながら2017年に排ガス規制の影響で生産中止が決まってしまったんだけど、2007年にも同じことがあったよね…。「2度あることは3度ある」のことわざもある位だし、デザイン的にどう変わるかは分からないけど、後継モデルは絶対出るはすと睨んでいるよ(笑)。

「LD」やハーフカウル仕様の「F」も人気

とっても大事なことなので繰り返させてもらいます。女子ライダーにとって、足付き性はとても大事です。特に身長150cm台の場合は…。160cm台ならそこまで深刻じゃないんですけどね。

というのも、知り合いの女子ライダーで、VTR250が欲しいといっていた子がいたんですけど、ギリギリ足が届かなくて、泣く泣くビッグスクーターにしてた子がいたんです。でも後からLD仕様が出たので、喜んで乗り換えていました。が、私としては、なんで初めからLD出してなかったのよと…まあ事情があったんでしょうけど…。

逆に、165cmあるモデル体型女子の知り合いは、カウル付きのFモデルを愛車にしてました。個人的にはネイキッドは丸目ライトの方が好きなんですけど、VTRの場合はFのデザインはかっこいいと思いますね~。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。