カワサキのハイパワーマシンBALIUS(バリオス)の買取相場

今が売り時!?中古市場で
人気バイクはこれだッ!!

POPULARITY

バイク買取情報【カワサキ BALIUS(バリオス)】

買取相場価格20,000円~369,000円

カワサキ250ccネイキッドの雄

90年代ネイキッド戦争、カワサキの選択は…

本サイトでも再三ご紹介しています通り、1989年に登場したカワサキゼファー400は、それまでの加熱していたレーサーレプリカブームの潮流を180°転換させる歴史的出来事――と言ったら大げさかもですが――でした。バイクの原点回帰とも言うべき、カウル無し、丸目ヘッドライトの、いわゆるネイキッドスタイルが新たに主流となっていったのです。

この流れは、もちろん250ccクラスにも伝播します。ご存知の通り、250ccというのは車検不要でありながら高速道路の走行も可能。使い勝手の良さによって、各メーカーにとっても重要なカテゴリーでした。

そして、それまでのレーサーレプリカブームの影響ゆえに、国内4メーカーは、レーサーレプリカモデルに搭載していた4ストローク4気筒250ccエンジンをネイキッドに流用。ホンダはJADE、ヤマハはZeaL、スズキはBandit250をラインアップ。そしてカワサキがそれらの“対抗馬”としてラインアップしたのがBALIUSです。車名の由来は、ギリシア神話に登場する不老不死の神馬の名前で、タンクにはそれをモチーフとした跳ね馬のエンブレムがデザインされました。

高回転&甲高いエンジン音が大きな特色

前述の通り、この時代に登場した250ccネイキッドは、それまでのレーサーレプリカに搭載されていたエンジンを流用する方式で生まれました。

BALIUSもレプリカモデルであるZXR250のエンジンをベースとしています。ネイキッド向けにリセッティングされてはいましたが、ZXR250譲りの最高回転数19000rpmという高回転型ハイパワーの特性と、それに伴う甲高いエンジン音が大きな特色。400ccにも匹敵する高性能を発揮し、走りを重視するユーザーから大きな支持が寄せられました。

その一方で、軽量コンパクトな車体や低いシート高、オーソドックスなライディングポジションなどの特性もあり、女性ライダーや初心者でも乗りやすいという懐の深さを併せ持っていました。

1997年には、リアサスペンションを1本式から2本式へと変更したBALIUS IIへとモデルチェンジ。ちなみにこの型はライバルであるスズキに、GSX250FXとしてOEM供給されたことでも知られています。

1991年のデビューより続くカワサキ250ccモデルの雄として人気を博していましたが、2007年の排ガス規制強化に伴い、惜しまれながら生産終了となりました。

BALIUS
型式 ZR250A
総排気量 249cc
エンジン 水冷4ストローク4気筒
最高出力 45ps/15,000rpm
最大トルク 2.6kgf・m/10,000rpm
全長/全高/シート高 2.005mm/1,055mm/745mm
重量 163kg
燃料タンク容量 15L
燃料消費率 -
発売年 1991年
メーカー希望小売価格 499,000円
BALIUSシリーズの買取相場
年式最高価格平均価格
ZR250B-03~604,300円276,500円
ZR250B-00~395,900円216,700円
ZR250A-06~225,000円117,900円
ZR250A-00~187,500円98,300円

走りへの「意識高い系女子」に人気

BALIUSとBALIUS IIは、男っぽいバイクが多いカワサキ車の中でも、女子ライダーが比較的多かった車種でしたよね~。と言っても、実は世代的にBALIUSの時代はリアルタイムでは知らないんですけど(汗)。BALIUS IIのモデル末期にはなんとかギリギリ間に合いました(苦笑)。

それはさておき、先輩女性ライダーさんから聞いた話ですけど、初代のBALIUSはサイズ的にも女子にちょうどいい感じで、中型免許取立てでもすぐに乗れたそうです。その上で、元々の性能も高かったので、ライディングが上達するに応じて、より速く走れるようになっていくのが実感できて嬉しかったそうですよ。

250ccモデルなのに、ゼファー400とほぼ同等

1991年に登場した初代モデルは、当時の250ccモデルの上限ギリギリの45ps(実際にはそれ以上・・・ゴニョゴニョ)のパワーを発揮していたね。でもって、同じカワサキのネイキッドブームの立役者であるゼファー400は46ps・・・。で、車重はBALIUSが163kgなのに対し、ゼファー400は181kg・・・・つまり、同じ体重のライダーが乗った場合は・・・(これ以上、みなまで言わせないで・・・)。まあ、一応ゼファー400を弁護しておくと、さすがにトルク感に関しては排気量の大きさで優っていたよ(汗)。

で、BALIUSに話を戻すと、とにかく250ccネイキッドの中では、当時最速と言って間違いなかったね。とりわけ、こと高回転で回ることに関しては、元来高回転エンジンを得意としていたホンダのお株を奪うほどだったね~。

ただ、時代の流れもあって、今や250ccで4気筒というエンジンはついぞ、お目にかからなくなってしまったね。確かに、パワーよりもトルクや扱いやすさを重視するなら2気筒や単気筒の方が適しているからね。レーサーレプリカブームの直後だったからこそ、250cc4気筒というのが主流だった。あらためて、バイク業界の歴史って、奥が深いよね~。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。