カワサキの時速300kmマシンZZR1100の買取相場

今が売り時!?中古市場で
人気バイクはこれだッ!!

POPULARITY

バイク買取情報【カワサキ ZZR1100】

買取相場価格41,000円~107,000円

1990年代の、量産市販車世界最速

時速300kmの壁に挑んだ先駆者

カワサキZZR1100。40代以上のライダーの方であれば、この車名には、憧憬と畏怖の念の双方が思い起こされることでしょう。1990年代の量産市販車世界最速マシンであり、時速300kmの壁に挑んだ一台として、記憶に刻まれている方も多いことでしょう。

その誕生の背景には、本サイトでも取り上げている、1984年に登場したGPZ900Rが当時の世界最速マシンとして登場したことに端を発しています。ノーマル状態で時速250kmをマークしたGPZ900Rは、そのデザイン性のかっこよさとも相まって一躍人気車種となりました。このことに黙っていなかったのがライバルであるスズキです。実はGPZ900R以前の世界最速マシンに君臨していたのはGSX1100Sカタナであり、その座を奪われてしまった形になったからです。この事に端を発して、世界最速争いが激化していくのでした。

まずスズキが1986年にGSX-R1100を発表。独自の油冷エンジンによって時速265kmをマークしてみせました。対してカワサキは、GPZ900Rに続くGPZ1000RXを経て、1988年にZX-10を発売。時速270kmをマーク。対してスズキもGSX-R1100の改良などで対抗。そしてカワサキはこのライバルと同じ1100ccエンジンに排気量をアップし、さらにプラスアルファのテクノロジーで対抗するのでした…

欧米での爆発的人気が日本へ「逆輸入」

ZX-10の発売から僅か2年後の1900年、ZZR1100はその後継モデルとして誕生。全面新設計された1100ccエンジンにアルミツインスパーフレーム、そして量産車としては初となるラムエアシステム――走行風を利用してより多くの空気を取り込み、高速走行時の出力を向上させるメカニズム――を採用し、時速290kmをマークしてみせたのです。

こうして世界最速の座を奪取したZZR1100でしたが、実は当初日本国内ではさほど話題にはなりませんでした。本サイトで繰り返し述べています通り、1990年という年は奇しくも同じカワサキが発売したゼファー400に注目が集まっていた時代であり、また大型自動2輪免許の取得が難しく、750cc以上の国内販売が自主規制されていたという事情もあったからです。

一方、欧米ではハイスピード・ハイスペックマシンとしてのZZR1100には絶大な評価が寄せられ、その人気ぶりはやがて、日本にもタイミングがやや遅れ伝わるようになりました。継続販売されていたGPZ900Rの人気との相乗効果もあり、またバブル世相も追い風となって、逆輸入車が一段と増えていくことになりました。

その後は初代のC型から1993年にD型へモデルチェンジ。以後も年々改良を重ね、2001年のD9型まで生産が続き、後継モデルのZZR1200とZX-12Rに枝分かれする形で生産終了となりました。

ZZR1100
型式 ZXT10C
総排気量 1052cc
エンジン 水冷4ストローク直列4気筒
最高出力 147ps/10,500rpm
最大トルク 9.6kgf・m/ 8,500rpm
全長/全高/シート高 2.165mm/1,210mm/780mm
重量 228kg
燃料タンク容量 18L
燃料消費率 -
発売年 1990年
メーカー希望小売価格 逆輸入車のためなし。目安として150万円~180万円程度
ZZ-R1100
年式最高価格平均価格
14年395,900円200,000円
13年388,000円196,000円
12年380,200円192,000円
11年372,600円188,200円
10年365,200円184,400円
9年357,900円180,700円
8年350,700円177,100円
7年343,700円173,600円
6年336,800円170,100円
5年330,100円166,700円
4年166,700円84,200円
3年165,000円83,400円
2年163,400円82,500円

GPZ900Rと並ぶ、90年代のカワサキ2枚看板

1990年代の量産市販車世界最速として名を馳せたZZR1100は、GPZ900Rと並んで、カワサキの2枚看板だったね~。人気面ではGPZ900R、性能面ではZZR1100という棲み分けがなされていたのは、狙ってそうなったのか、偶然の産物だったのか…、ともあれこの2台のおかげで、逆輸入車が爆発的に増えたのは印象に残っているね~。

ただし、当時はまだ大型2輪免許が教習所で取れなくて、試験場での一発試験しかなかった時代だったからね…。買える、変えない以前に、まず大型2輪免許を取ることに精一杯だったなぁ…べ、別に買えなかった言い訳なんかじゃ…(以下省略)

個人的には、C3型が一番のお気に入り

これまたマニアックな話になってしまうけど(え、いつもの事だろって…汗)、ZZR1100は初代のC型と、1993年以降のD型があったけど、好みだったのはC型の方だったね~。もちろんD型の方が性能も上回っているし、改良もなされているんだけど、比喩的な意味でも、実際のデザイン性の意味でも、角が取れて丸くなってしまっているのがね…。その点、C型の方が、エッジの効いたデザインだったので、好きだったね。

ただし、C型にはひとつ弱点があって、ミッションの不具合が多かったんだ。特に2速ギアのギア抜けが起きやすいというね。C1型とC2型でこのトラブルが頻繁に起きたために、C3型ではこの点が改善されている。でもって、このC3型の次はD1型になってしまうので、必然的にマイベストZZR1100はC3型になるというわけ。実際、当時はC型を狙うならC3と言われていた位だったんだよ。トリビアまでに(笑)。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。