スズキジェベル(DJEBEL)の買取情報をチェック

今が売り時!?中古市場で
人気バイクはこれだッ!!

POPULARITY

バイク買取情報【スズキ DJEBEL(ジェベル)】

スズキ DJEBEL(ジェベル)
引用元:グーバイク
(http://www.goobike.com/catalog/SUZUKI/DJEBEL_250XC/index.html)

買取相場価格110,000円~370,000円

充実装備で人気を博したデュアルパーパス

DR250Sをベースに、ツアラー指向を高めて登場

初代ジェベル250は1992年に登場。当時ラインアップされていたオフロードモデルであるSJ44A型DR250Sをベースにツーリング向けの改修を施した派生車種として生まれました。親機であるDRが倒立フロントフォークを装備した本格オフロードモデルだったのに対し、ジェベル250はオーソドックスな正立フォークを採用。その上で、大経ヘッドライトを備えるなどツーリング指向を高めています。

そして翌1993年には、SX200RとSX125Rをベースに、ジェベル200とジェベル125も誕生。価格の身近さと実用性の高さもあり、人気車種となっていきました。このジェベル3兄弟は、オフロード性能とオンロード性能のバランスや使い勝手の良さ、そして価格の身近ななども相まって、日本国内はもちろん海外でも人気を博しました。

ちなみに200ccモデルは派生車種であるDF200を経て、現在でもTROJAN200の車名で海外向けモデルとして生産・販売が続けられている位です。そして250モデルは1995年、フルモデルが実施され、爆発的な人気となるのでした。

ジェベル250XCにモデルチェンジ、一大ヒット車種に

ベースモデルとなっていたDR250SがDR250Rへとモデルチェンジを果たした1995年、ジェベル250もタイミングを合わせてフルモデルチェンジを敢行。このモデルチェンジこそが、ジェベル250が大人気車種となるターニングポイントでした。

初代モデルが採用していた正立フロントフォークや大経ヘッドライトはそのままに、17リットルの大容量燃料タンクを搭載し、大型リアキャリアや多機能メーターも採用。ツーリングモデルとしての装備を充実させたことにより、本家のDRや先代のジェベル250をはるかに上回る大人気車種となりました。

なおこのモデルチェンジにより車名には「クロスカントリー」を意味する“XC”が加えられ、「ジェベル250XC」が正式車名となりました。その後、2008年まで生産が続けられましたが、惜しまれながら生産終了となりました。

買取平均額は?

生産は終了していますが、中古車買取市場では根強い人気のジェベル。250XC(CJ45A-100~)の場合、走行距離10,001~15,000 kmでの平均買取価格は、182,600円程度となっています。

ジェベル250XC
型式 BA-SJ45A
総排気量 249cc
エンジン 油冷4ストローク単気筒
最高出力 22kW(30PS)/8,500rpm
最大トルク 27N・m(2.8 kg・m)/7,000rpm
全長/全高/シート高 2,230mm/1,220mm/885mm
重量 118kg
燃料タンク容量 17L
燃料消費率 47.0km/L
発売年 1995年(先代ジェベル250は1992年)
メーカー希望小売価格 523,950円
DJEBEL
年式最高価格平均価格
SJ45A-500~403,400円191,800円
SJ45A-100~336,200円159,800円
SJ44A166,500円92,500円

17リットル燃料タンクがもたらした爆発的人気

ジェベル250XCが発売された当時の人気ぶりには驚かされたな~。元々オフロードバイクというのは、悪路での走破性を重視した造りになっているから、余計なものは削ぎ落とすというのが基本なんだけど、それとは真逆に、大容量の燃料タンクを取り付けるというのは、普通ではありえないこと。だけど、一般のライダーからはそこが大きく支持されて、大人気車種になったもんね~。もちろんDR譲りの走破性能や軽快性はちゃんと残していたというのも忘れてはならないけどね。それこそ、ツーリングだけでなく、通勤や通学の足としても便利に使えた。価格の身近さもあって、セカンドバイクとして持ってた人もけっこういた位だったね~。

復活が強く望まれるモデルのひとつ

昔のバイク仲間の一人がジェベル250XCを持っていたんだけど、その彼が盛んに自慢していたのが「無給油で500kmは走れる」という内容。最初は話を盛っているのかと思ったけど、一緒にツーリングに行って、燃費の良さを計算したら、確かに計算上可能であることが分かり驚いたね~。もっともその彼は、やせ型で体重が軽いというのもあったと思うけど。俺みたいな中年太り体型の人間だと、燃費は変わってくるから・・・(苦笑)

そんな名車だったジェベル250XCが生産終了になってからもう10年になるけど、今の時代の技術で復活させて欲しいよね~。ちなみに最近、ホンダが同じようなコンセプトでCRF250 RALLYを発売したけど、タンク容量が10リットルなのが残念。なんでもっと大容量のタンクにしなかったんだろ・・・走行性能や操作性を優先させたってことなんだろうけどね・・・。もしスズキが今新たに創るのだとしたら、ぜひ大容量タンクのモデルとして復活させて欲しいよね。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。