バイク買取で人気のメーカー一覧【ヤマハ編】

今が売り時!?中古市場で
人気バイクはこれだッ!!

POPULARITY

バイク買取情報【ヤマハ】

yamaha
独自のカテゴリーを作ったVMAX
引用元:ヤマハ発動機株式会社
(https://www.yamaha-motor.co.jp/)

デザイン性の高いバイクに定評

一般的にヤマハと言えば、楽器や音響機器を思い浮かべる人が多いと思いますが、バイクの製造・販売を行っているのは、ヤマハから二輪製造部門が独立して設立されたヤマハ発動機です。ヤマハ発動機がヤマハから独立したのは、1955年のこと。以来順調に成長を続け、現在では、バイクの売り上げ規模は、ホンダに次ぐ世界第2位。同社はエンジン分野においても高い技術力を持っており、トヨタやフォードなどの自動車メーカーにエンジン供給も行っています。他にもマリンジェットやボートなどのマリン製品、スノーモービル、ATV(4輪バギー)、産業用機械、プールに至るまで、様々な製品を提供しています。

バイクメーカーとしての特徴は、バランスのとれた優れた車体設計と、ホンダに似た部分がありますが、VMAXのような他に類を見ない尖ったデザインや、トリシティ155などユニークなトライク(三輪バイク)などを販売する、チャレンジ精神に溢れたバイクメーカーでもあります。流れるような綺麗なフォルムや、欧米風のレトロなスタイルなど、ジャンルごとに洗練されたデザインのバイクをラインナップしていますが、ヤマハのバイクには、どこか優雅さを宿したものが少なくありません。電子制御スロットル「YCC-T」など、先進的な技術の導入も積極的に行っており、新しい技術の研究・開発に余念がないのも特徴です。先端テクノロジーを多数盛り込んだマシンを次々発表しており、ホンダと並び、世界のオートバイ市場を牽引しているバイクメーカーと言えます。

素敵なデザインのバイクが多い

ヤマハは、もともとオルガン修理をきっかけに楽器製造をスタートした企業だと聞いたことがあったけど、ヤマハ発動機は、二輪製造部門が独立したものだったのね。ロゴマークの音叉をかたどったものは、こういった出自に関係していたのね。

ヤマハのバイクには人の目を惹きつける洗練されたデザインのものが多いけど、こういった部分もヤマハの楽器製造から受け継いだスピリッツなのかもしれないわ。
ヤマハ製のバイクは、古いモデルでもファンが多く、人気があるって聞くわ。デザインセンスに優れたバイクメーカーっていう評判は伊達じゃないわね。

技術面の信頼性も抜群

ブームの先駆けになったヤマハのバイクと言うと、例えばSRシリーズとかTWシリーズ、ビッグスクーターなどかな。貴子ちゃんの言う通り、バイク好きの心を刺激する、美しいデザインや目を引くフォルムはヤマハの特徴だ。

だが、その前提に高い技術力があることも忘れちゃいけないぜ?有名自動車メーカーにエンジンを提供していることからも分かる通り、エンジンや駆動系の設計も極めて優秀で、先端技術をいち早く取り入れて操作性や燃費効率、制動性能などを向上させている。まさに世界をリードするにふさわしい企業文化を持ったメーカーと言えるだろう。

人気買取車両ラインナップ

グランドマジェスティ400

グランドマジェスティ400
引用元:グランドマジェスティ400|ヤマハバイク専門ディーラー【YSP|ヤマハスポーツプラザ】
(https://www.ysp-members.com/lineup/bigscooter/g-majesty400/)
買取相場価格 20,000円~195,000円

「ハイクラス・スポーツセダン」をコンセプトに設計された、既存のビッグスクーターとは一線を画すバイク。収納力や安定性といった乗りやすさを守りながら、長時間走行のストレスを感じさせない抜群の安定性を実現しています。大胆な曲線美を描くヘッド・テールライト周りのデザインにも注目。走り・ルックスなどの特徴などを解説します。

グランドマジェスティ400の
詳細はこちら!

トリッカー

トリッカー
引用元:カラー&スタイリング:トリッカー - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社
(https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tricker/color.html#01)
買取相場価格 102,000円~255,000円

オフロードバイクのようなデザインながらも、意外なほどの街乗り適性を誇る車種。軽量・スリムな車体設計により、シティユースでの小回りや安定性を実現しました。独自のサスペンションにより悪路にも対応。「フリーライド・プレイバイク」というコンセプトの通り、遊び心ある乗り心地が楽しめるバイクです。トリッカーのコンセプトや性能などについてまとめてみました。

トリッカーの詳細はこちら!

ヤマハのバイクが高く売れる理由

ヤマハは国内でバイク販売台数2位の実績があるメーカーです。ヤマハのバイクの特徴はデザインにあります。そのデザイン性の高さは国内だけでなく海外にも評価されています。

中古車はすでに誰かが使っている点で、一般的に新品のものより故障やトラブルが起きやすいリスクがあります。しかし、ヤマハは国産である信頼から、このようなリスクは少ないと考えられています。また、国内トップシェアのトヨタ自動車と提携している点からも信頼されており、買取価格は高くなりやすいです。

ヤマハバイクの買取事例

SR400

260,000円

年式 2005年式
走行距離  5,725km


買取のポイント
こちらのバイクは11年前のものにはなりますが、人気車種のSRであること、50thアニバーサリースペシャルエディションであることを考慮して高価買取となりました。

また、状態の良さも高価買取のポイントです。ガレージで保管されていたこちらのバイクはサビがほとんどなく、エンジンやアイドリングなども安定しています。ライト、ウィンカー、フォーンなども正常に作動し、汚れがつきやすいホイールやマフラーが綺麗に保たれているのも特徴です。

マフラーから出る排気ガスにも異常は認められません。車種の人気の高さと状態の良さが高価買取につながりました。

YZF-R1

845,000円

年式 2008年式
走行距離  2,449km


買取のポイント
状態は綺麗に保たれており、各種機能も良好であったことから高額での査定が実現しました。立ちごけや転倒した形跡がないことも高価買取のポイントです。

しかし、査定に響くマイナスポイントもありました。エンジンやリアショックからはわずかではありますがオイルが漏れていました。また、ラジエーターやフォーム、ホイールなどにサビが出始めていたのもマイナス点です。

前後ホイールやミラーカバー、マフラー、ステップなどにも擦り傷が見られ、ウィンカーレンズには細かいひび割れもありました。しかし全体的に状態が綺麗に保たれており、持ち主の愛着が感じられるバイクでした。

ドラッグスター400

280,000円

年式 1997年式
走行距離  2,072km


買取のポイント
こちらのドラッグスター400は1997年式のバイクです。買取年は2011年のため、発売から14年もの時間が経っていますが、280,000円での買取に。

理由としては、年式に比べて外観が良好であったことが挙げられます。また、エンジンの状態も良好です。しかし、Fホイールのサビが目立つのはマイナスポイントとなりました。

走行距離は2,072kmなので、年間148kmほどしか走っていないことになります。走行距離は査定に直接関わってきませんが、走っている距離が短ければ、その分故障や傷などのリスクを抑えられるため、買取価格が上がる可能性があります。