バイク業界を一新したモデル!トリシティ125の気になる買取市場は!?

今が売り時!?中古市場で
人気バイクはこれだッ!!

POPULARITY

バイク買取情報【トリシティ125】

トリシティ125
引用元:ヤマハ発動機株式会社(https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/)
買取相場価格197,500円~225,700円
トリシティ125
型式 2BJ-SEC1J
総排気量 124cc
エンジン 水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ 単気筒
最高出力 9.0kW(12PS)/7,500r/min
最大トルク 12N・m(1.2kgf・m)/7,250r/min
全長/全高/シート高 1,980mm/1,210mm/765mm
重量 159kg
燃料タンク容量 7.2L
燃料消費率 46.2km/L(60km/h) ※2名乗車時
発売年 2018年~
メーカー希望小売価格 394,200円
トリシティの買取相場
年式最高価格平均価格
年式不明374,400円264,600円

ほかにはない独自のデザインを持つ三輪バイク

最大の特徴はLMWテクノロジー

ヤマハ独自の技術「LMWテクノロジー」は、2輪バイクのように傾いて旋回する3輪以上の車両のことを指します。開発の初期段階では、割り箸と輪ゴムで模型を作るところからスタートしたそう。試行錯誤を重ね、実際にLMWテクノロジーを取り入れた市販車第1号となったのが、トリシティ125です。

前輪がただ固定されているだけでなく、車体に同調して傾く画期的な構造も特筆すべきポイント。優れたコーナリングや爽快感を演出してくれると注目を集めています。

通常のスクーターは、リアの足回りやエンジンが後ろに位置しているため、車体の後ろ側が重くなってしまいがち。しかし、LMWテクノロジーを取り入れたトリシティ125は前後のバランスが50:50と、MotoGPなどでも理想的とされている重量配分を実現しました。このバランスによって、小型バイクながらもミッドシップ車のようなスポーティな走りが可能となっています。

スクーター譲りの扱いやすさ

車体のベースがスクーターであるトリシティ125は、特徴的な機構だけでなく、その収納性能も抜群です。シート下のトランクスペースは約20Lの容量があり、ジェットヘルメットがぴったり入るほど。さらに2018年モデルでは、ヘルメットホルダーやシート下のLED照明が標準装備となり、快適性はますます向上しました。こうした細かい配慮が行き届いたモデルチェンジも、人気の理由でしょう。

また、その走行性能もほかとは一線を画しています。一見大柄な車体ですが、前述の機構によりスイスイと曲がってくれるため乗り心地は抜群。ストレスを感じない自然な加速を実現しているので、出足にイライラすることもありません。ほかのスクーターからの乗り換えを検討している方でも、違和感なく乗りこなすことができるでしょう。

その操作性とスピード感も含めて、街乗りには最適。ちょっとしたお出かけはもちろん、買い物、通勤など、さまざまなシーンに応えてくれます。

機動性が高くスポーツ走行にも対応

バイクツーリングを好む方だと、3輪であることやスクーターに近いシェイプをしているがゆえにアグレッシブな走行は難しいと考えてしまうかもしれません。しかし、トリシティ125はそんな概念を打ち破る1台。むしろ、長距離や走りを楽しむためのバイクとも言えるチューニングがされているのです。

たとえば、2輪のバイクでコーナーを曲がるときは体を傾けて体重移動をしますが、トリシティ125も同様の操作で曲がることができます。その感覚は2輪車に乗りなれたライダーでさえも、「2輪車に乗っているんじゃないか」と錯覚させるほど。スラロームやヘアピンコーナーでもグイグイ進んでいける一方、3輪ならではの安定感も感じられるため、バイクになれていない方でも安心です。

抜群の安定性は初心者にもおすすめ

トリシティ125でまず目がいくのって前輪が2輪になっていることよね。初心者や女の人って、立ちゴケや急ブレーキで転倒しちゃうことが不安だと思うの。その点、トリシティ125は安定性が抜群にいいからその心配が少ないし、従来のバイクと同じ爽快感もあるから、お得感がいっぱいでおすすめしやすいわ。

特に「雨の日だと転びそうで怖い」なんて人も多いけど、3輪ならではの安定感は雨の日でも発揮してくれるわね。もちろんブレーキの性能は折り紙付き。スクーターの収納性のよさも受け継いでるし、中古市場でも需要が期待できる1台ね。

ニューモデル登場でますます期待が高まる

2018年にトリシティ125の新型モデルが発売したが、マイナーチェンジがどれも嬉しいものばかりだな。全体的な運動性の向上だけじゃなく、シート15mm低くなって座りやすくなってるぞ。さらに新型のフレームを採用したことで、足元とシート下の収納が広くなって、ますます快適性がアップしてるんだ。

ほかにもヘッドライトにLEDを取り入れたことで視認性も上がってるし、見た目の洗練さも以前より増して格好よくなってるな。

元々人気があるトリシティ125だが、ここまでやってくれると今後も人気が上がりそうだぜ!

トリシティ125の買取価格を決めるポイント

消耗品と外装の状態は査定時の大きなポイント


トリシティ125の買取価格を決める重要なポイントは「消耗品」と「外装」の状態にあります。これはトリシティ125がまだ販売開始からそれほど年数が経っておらず、機能的に壊れてもメーカー保証が効く場合があるためです。

消耗品は走行距離に応じて減っていくので、交換した場合いくら費用がかかるのか調べておくと査定時のトラブル回避につながります。また、傷がある場合にも価格が下がります。傷付いている部品がある場合、ヤマハのメーカーサイトでパーツを交換しておくのも手です。

オプション付きはプラス査定の対象になる



トリシティ125は純正オプションが豊富についたバイクです。トリシティに限らず、バイクは純正オプションが付いていると査定額がプラスされる場合があります。そのため、カスタムした場合にはノーマルパーツを保管しておきましょう。

査定時にバイク本体と一緒にパーツも査定してもらうことで、査定額が上がる可能性もあります。また、過度にカスタムしているトリシティはノーマル車より査定額が下がる可能性もあるので注意が必要です。

トリシティ125の型式について

トリシティの年式も買取価格に影響を与えます。2014年に初めて登場したトリシティは当初は356、400円で販売されていました。また、2015年4月に登場したトリシティ MW125 ABSは、ABSを搭載。スリップを感知して独立した3つのブレーキを制御する機能がついて価格も399、600円と高くなっています。

しかし、初登場した2014年式のモデルの方が買取価格は高くなる傾向にあるようです。2018年時点では走行距離が倍近い2014年式のトリニティの方が、2015年式のものよりも高く販売されています。

トリシティ125の買取事例

事例1

290,000円

・2014年式

・5km

買取のポイント
こちらのトリシティ125は2014年式のものになります。買取日も同年ですが、290,000円もの高価買取となりました。2014年式はトリシティが初登場した年のモデルでもあり、現在でも高く買い取られているほど人気があります。

また、走行距離が5kmとほぼ新車の状態で査定したことも高価買取のポイントとなりました。外装にも傷などは見当たらず、状態が綺麗であることも特徴です。査定評価点も7点満点中の6点と高評価。

人気の車種であること、走行距離の短さ、外装の傷がない点などが高価買取につながりました。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。