事故車・不動車にも対応するバイク買取業者比較ランキング

ここがポイント!!
バイク買取業者比較ランキング

CHOOSE

7不動車・事故車の買取でおすすめの業者はここだ!

HPで不動車や事故車の買取をしていると記載のある業者を調査してみた。転倒歴のあるものや動かないバイクを持っている人も、参考にしてみてくれ。

買い取り業者 事故車・転倒車 不動車・放置車 炎上車・水没車 公式HP
バイクワン 買取可 買取可 買取可
バイク
パッション
買取可 買取可 買取可
バイクエース 買取可 買取可 HPに記載無し
バイクワン
事故車・転倒車 買取可
不動車・放置車 買取可
炎上車・水没車 買取可
バイクパッション
事故車・転倒車 買取可
不動車・放置車 買取可
炎上車・水没車 買取可
バイクエース
事故車・転倒車 買取可
不動車・放置車 買取可
炎上車・水没車 HPに記載無し

事故車や不動車にも価値がある!

事故でダメージを受けたり、長年放置していて動かないバイクは売れない・・・そう思い込んでいるライダーは多いようだが、実は違うんだぜ。買取を依頼する業者をちゃんと選べば、そうした車輌でも買取が成立するケースが、実は多いんだ。そのことをまずは、知っておいてくれよ。

業者の選び方次第で、不動車・事故車は売れる

バイク買取業者の中でも、例えば自社でバイクショップを運営していたり、整備工場を持っていたり、あるいはパーツとして利用・売却するルートを持っている業者であれば、不動車や事故車でも、買取価値ありと判断してくれる。

さすがに車体全体が再生不可能なほどになっている場合は厳しいが、例えばフレームが無事、エンジンはかかる、無傷な部分が残っているという場合には、そうした買取業者をあたってみるべきだぞ。

出張買取に対応してくれる業者なら、運搬の心配もなし

もうひとつ、不動車や事故車は言うまでもなく、自分で運転してショップに持ち込むことはできない。だからといって、自分でトラックやバンを手配する必要はない。出張買取に対応している業者なら、自宅まで、動かない車輌を引き取りに来てくれるから安心だ。間違っても、不完全な車輌を走らせようなんて思うなよ。

じゃあここからは、事故車・不動車の買取に対応している買取業者を見ていこう。

事故車・不動車の
高額買取業者
ランキング

事故車や不動車の買取で、強みを発揮している業者について調べてみた。
ぜひ参考にしてみてくれ。

バイクワンのオフィシャルサイト

買取対応範囲

転倒車 不動車
水没車 炎上車
出張買取 全国

買取事例

事故車 スズキGSX1300Rハヤブサ → 770,000円
フロントカウルが大破していてメーター類もボロボロ。エンジンも異音がしオイル漏れが起こっており、またマフラーや後部カウル、スイングアーム、ブレーキディスクなどにもキズや凹みが多数発生していたとのこと。それでも、この価格での買取が可能とのことだ。さすがはハヤブサと言ったところだな。
不動車 ホンダCBX400F → 386,000円
1980年代前半、400ccクラスで絶大な人気を誇っていたモデルだ。現在の中古車市場でも絶大な人気を誇っている。この個体は8年以上放置されていて不動状態だったそうだけど、最新の相場状況などを鑑みて、この値段がついたのだとか。ほんと、大したもんだね~。

バイクワンの特徴

ノーマル車両からカスタム車まで幅広いバイクの買取に対応していることで知られるバイクワンでは、事故車や転倒車も買取に門戸を開いているぞ。そして不動車や放置車ももちろん対応だ。さらに加えて水没車や炎上車でもすべて買取対象としているというのがスゴイよな。

で、そう聞くと、なんでそうした車両でも買取してくれるのかって疑問が出てくるよな。バイクワンでは、買取したバイクの転売ルートとして、様々なチャンネルをフル活用しているから、というのが答えだ。

バイクワンでは元々、バイク業者専用のオークションや提携販売店、業者間取引、海外輸出などのルートの中には、事故車や不動車を専門的に扱う業者も含まれているんだそうだ。またそうした車両は修理コストの安い海外へ持っていって現地で修正販売したり、あるいは部品として海外に輸出することでビジネスとして成り立たせることもできるんだそうだ。だからバイクワンでは事故車や不動車に関しても、買取相場価格を予めキチンと設定しているんだって。さすがだよな。

もちろん、そうした車両の買取に際しては、自宅や保管場所まで無料で出張買取してくれる。北海道から沖縄まで全国対応だから、安心だぜ。

バイクワンの口コミ・評判

「引越しをすることになり、いろいろと身の回りのものを整理していたのですが、そんななかに、傷だらけになってしまってガレージに放置していたバイクがありました。こんなバイクでも売れるのか、もしかしたら逆に処分費用を払わなければならないのかと思いながらネット検索で調べたところ、事故車や不動車も買取可能なバイクワンを知りました。バイクの出張買取を依頼したのは初めてで、内心ではどうなるのか不安もありましたが、結果は5万円の値をつけて買取してもらえホッとしました。しかも、その場で現金払いというのも、面倒がなく良かったです」

バイクパッションのオフィシャルサイト

買取対応範囲

転倒車 不動車
水没車 炎上車
出張買取 全国(北海道除く)

買取事例

事故車 ホンダCBR1000RR → 368,000円
コーナーを曲がりきれず電柱に正面衝突してしまった車輌とのこと。購入した販売店では、0円なら引き取り可能と言われたそうで、それならとバイクパッションに依頼したところ、エンジンやリヤ回りの部品は無事とのことで、この値段で買取してくれたとのこと。0円とはえらい違いだよね~。
不動車 ドゥカティ750F1 → 450,000円
1980年代半ば、当時の750ccレーサーレプリカとして人気だった750F1。その後のドゥカティ・スーパーバイクモデルの先がけだったね~。しかし、ほぼ8年間ガレージで放置状態だったとのことで、サビや劣化が目立つ状態だったものの、この値段がついたそう。さすがドゥカティの人気車ってとこかな。

バイクパッションの特徴

屋号にちなんで、お笑い芸人のパッション屋良さんをイメージキャラクターとして起用しているバイク買取業者だ。ただし、買取“だけ”を行っている業者ではなくて、本拠地の横浜には、自前の広い店舗と倉庫を持っていて、さらには整備部門も自社で完備しているというタイプの業者なんだ。

横浜の業者ではあるが、出張買取は全国OKとなっているから、利用のハードルは高くないぜ。

それでもって、そんなバイクパッションでは、事故車や転倒車、不動車や放置車、そして水没車や炎上車などでも買取可能としているぞ。

そうした車両でも買取が行える理由は、バイクパッションでは買取った車両を自社で修理・整備・レストアした上で、自社店舗で中古車として販売するのを基本としているからだ。事故車や転倒車でも自社で再生できるものは再生して、再生できないものでも同じ型式モデルの部品取りとして活用できるから、買取可能なんだそうだ。公式サイトでも、事故車や不動車の買取事例が多数紹介されているぞ。

バイクパッションの口コミ・評判

「BMWのR1200GSアドベンチャーで事故を起こしてしまい、事故車でも買取対応しているとのことで、バイクパッションに相談させてもらいました。車体はかなり大きな損傷を受けていて、エンジンも不動状態。それこそ値段などつかないだろうと思っていましたが、思いがけない金額を提示してくれました。ただし、事故の相手から示談の条件として、事故車両の引き取りを申し渡されました。大変よくしていただいたのに申し訳なかったのですが、快く了解してくれありがたかったです」

バイクエースのオフィシャルサイト

買取対応範囲

転倒車 不動車
水没車 要問合せ 炎上車 要問合せ
出張買取 関東/中部/東海/関西/九州

買取事例

事故車 カワサキNinja400 → 106,000円
後ろから車に追突されてしまったという個体。カウルやタンクなどの外装のダメージはもとより、フレームにも曲がりが発生してしまっていたそうだ。本来であれば買取が困難なケースだが、比較的年式が新しく、エンジン自体も無事だったとのことで、この値段をつけることができたのだそうだ。
不動車 BMW R100RS → 350,000円
1980年代初頭に、BMWが当時としては数少なかった、フルカウル装着モデルとして発売したモデルだね。古き良き時代のボクサーエンジンのフィーリングを楽しめるのもいいな。車体には経年劣化によるキズやサビが多かったものの、不動の原因はバッテリー上がりだったとのことで、この値段がついたそうだ。

バイクエースの特徴

バイク買取業者の中では珍しい、大阪を本拠地としている業者だ。本拠地である関西エリアはもちろんのこと、買取部門は横浜と福岡にも拠点を展開していて、出張買取は関東、中部・東海、関西、九州エリアに対応している。それ以外のエリアは残念ながら対象外とのことだ。利用する際は注意してくれな。

それでもって、このバイクエースは、同じ運営会社が「エナジーモータースタイル」という屋号で、バイクの中古車販売店も自社運営しているんだ。店舗は大阪と兵庫、横浜と福岡に展開している。つまり、自社で買取したバイクを修理、再生した上で中古車として販売するという方式だ。それゆえに、事故車や不動車でも自社で修理したり、部品取り車として活用できるから、買取可能としているのだそうだ。自社直営販売店を持つ業者ならではの強みだね。

ただし、水没車や炎上車については公式ホームページでは言及されていなかった。そうした車両を買取依頼したい場合は、事前に確認してみてくれな。

バイクエースの口コミ・評判

「転倒によって燃料タンクが大きく凹んでしまったホンダCB400SFのHYPER VTEC SPEC IIIをお願いしました。正直、大した値段はつかないだろうと半分あきらめていたのですが、なんと30万円をつけてくれました。理由を聞いたら、タンク以外のダメージは少なく、また同じ型式で同じカラーの中古タンクが在庫としてあったので、通常のコンディションと同等の値段をつけてくれたそうです。さすがだな~と感心すると同時に、ありがたくて涙が出そうになりました」

バイクランドのオフィシャルサイト

買取対応範囲

転倒車 不動車
水没車 要問合せ 炎上車 要問合せ
出張買取 全国(沖縄と北陸の一部を除く)

買取事例

事故車 公式ホームページ上に記載なし。
不動車 公式ホームページ上に記載なし。

バイクランドの特徴

バイクランドはかつて、CDやDVDソフトなんかのレンタルショップとして有名な「ゲオ」を運営している株式会社ゲオホールディングスと資本・業務提携していて、名称も「ゲオバイク」だったが、2010年には提携を解消して、現在はアークコアという別会社が運営している。ちなみに、レンタルショップのサービス還元とかは実施していないようだ。この点はあまり期待しない方がいいな。

そんなバイクランドでは、不動車や事故車の買取にも対応している。独自の販売チャンネルを確立していて、また自社で運営する店舗で中古車として販売することもできるから、不動車や事故車でも買取ができるということなのだろう。対象も原付から大型バイク、外車まで幅広く対応しているぞ。

ただし、公式ホームページ上には、不動車や事故車の買取事例は紹介されていなかった。どの車種がどの程度のダメージで、いくらの買取になったのかは、実際に査定を依頼してみないと、という感じだな。

バイクランドの口コミ・評判

「かつて息子が乗っていたバイクがあったのですが、就職で実家を離れて依頼、ずっとガレージで放置状態となっていました。埃まみれでバッテリーもダメになっており、そのままでは自走も出来ない状態でした。そんななか、不動車でも出張買取してくれるバイクランドのことを知り、連絡してみると、対応も丁寧で、出張の段取りもスピーディに決めてくれました。それこそ、値段などつくのか半信半疑でしたが、5万円の値段をつけてくれました」

バイクボーイのオフィシャルサイト

買取対応範囲

転倒車 不動車
水没車 要問合せ 炎上車 要問合せ
出張買取 全国(沖縄を除く)

買取事例

事故車 公式ホームページ上に記載なし。
不動車 公式ホームページ上に記載なし。

バイクボーイの特徴

バイクボーイは関東と名古屋、大阪でバイクの販売店を展開している株式会社ナガツマが運営している買取業者の屋号だ。全国をくまなくカバーしている大手とまでは言えないが、東名阪の主要エリアに実店舗を構えているバイクショップということで、それなりに規模は大きいと言えるだろう。ちなみに出張買取は、沖縄と一部地域を除いて全国対応しているぞ。

もうひとつ、バイクボーイの大きな特徴が、ハーレーの買取に力を入れている点だな。公式ホームページ上では、ハーレーに特化した買取事例紹介ページも設けている位だせ。もちろん、国産モデルやその他の外車にも対応している。ハーレーじゃなきゃダメってことではないからな。

そんなバイクボーイでは、不動車や事故車の買取にも対応しているが、公式ホームページ上には、不動車や事故車の買取事例は、得意のハーレーも含めて紹介されていなかった。どうなるかは実際に査定を依頼してみないと、だな。

バイクボーイの口コミ・評判

「単独で転倒事故を起こしてしまい、フロントフォークが曲がってしまいました。もちろんそのままでは安全に走ることなどできません。修理も考えたのですが事故車でも買取に門戸を開いているバイクボーイに査定を依頼してみました。事故車であることを伝えると、こちらの身体の心配までしてくれた程でした。結果は、フロントフォークの部位以外はダメージは少なく、再生も部品流用も可能と、思っていた以上の値段をつけてくれました」

ワースワイル(バイク査定ドットコム)のオフィシャルサイト

買取対応範囲

転倒車 不動車
水没車 要問合せ 炎上車 要問合せ
出張買取 関東から関西にかけて

買取事例

事故車 公式ホームページ上に記載なし。
不動車 公式ホームページ上に記載なし。

ワースワイルの特徴

ワースワイルはバイク買取サービスの「バイク買取ドットコム」を運営している会社だ。ちなみに、この会社はMFDというバイクの販売店も運営していて、関東では一都三県、東海では静岡と名古屋、関西では大阪と神戸で実店舗を展開している。さらにはここ最近、日本でも人気の高まっているオーストリアのKTMの正規ディーラーも東京と名古屋に展開しているという、なかなかにやり手(?)なバイクビジネスの会社と言っていいだろう。

ちなみにワースワイルが運営する「バイク買取ドットコム」では、出張買取は店舗を運営している関東圏から関西圏をカバーしている。また各店舗に直接車輌を持ち込むのもOK。業者専門オークションや提携ショップを通じて販売するルートも確立しているそうだ。

そんなワースワイルでは、不動車や事故車の買取も実績多数とのことだが、その具体的な事例までは公式ホームページ上に紹介されていなかった。実際に依頼してみてどうなるかだな。

ワースワイルの口コミ

検索してみたが、ワースワイル(バイク査定ドットコム)に事故車や不動車の買取依頼をされた方による口コミは、見当たらなかった。ただし、走行可能なバイクの買取に関しては口コミは多数あり、スタッフの対応の丁寧さや、買取価格の根拠などをキチンと説明してくれるという点が評価されているようだ。買取価格の満足度に関しては、賛否両論。裏を返せば、それだけ利用者が多いと見ることもでるだろう。

バイク買取センターのオフィシャルサイト

買取対応範囲

転倒車 不動車
水没車 要問合せ 炎上車 要問合せ
出張買取 関東から関西にかけて

買取事例

事故車 公式ホームページ上に記載なし。
不動車 公式ホームページ上に記載なし。

バイク買取センターの特徴

バイク買取センターは千葉県を本拠地とする株式会社ワイビーエーが運営するバイク買取サービスの屋号だ。ちなみにこのワイビーエーという会社は、本拠地である千葉を筆頭に、東京、神奈川、埼玉の関東一都三県をメインエリアとして、バイクの販売店やレンタルバイク事業、さらにはパーツ買取やタイヤ販売などのビジネスを手広く手がけているぞ。

ちなみにバイクの出張買取に関しては、関東のみに限らず、大阪や福岡など全国各地に対応できるそうだ。ただし、地域によっては、出張査定を提携業者に委託する場合もあるとのこと。自分が住んでいるエリアがどうなるのか、気になる場合は直接問い合せてみてくれな。

そんなバイク買取センターは、事故車や不動車の買取にも門戸は開いている。ただし、買取事例については、公式ホームページ上に紹介は見当たらなかった。ちなみに、事故車や不動車ではない場合の買取事例も紹介されていないので、何かの方針でそうしているのかも知れないな。

バイク買取センターの口コミ・評判

「コーナーを曲がる際に単独で転倒事故を起こしてしまいました。事故車にも対応しているといういくつかの買取業者にあたってみましたが、どこも返事は芳しくなかったです。なかには廃車費用が必要というところもありました。そんなこんなで半分諦めかけていたところバイク買取センターは12万円の値段をつけてくれました。5万円つけば御の字と思っていたので、本当にありがたかったです。やはりバイク買取は、業者選びが大切ですね」

バイクの処分は買取業者がお得

長期間乗らなかったせいでエンジンがかからなくなったバイクや、野外に放置したまま錆ついて動かなくなってしまったバイクを廃車処分しようと思っている場合も、バイク買取業者への売却がお勧め。

不動車はバッテリーの交換や簡単な修理で息を吹き返す場合が多く、所有者が考えていた以上の金額で買い取ってもらえる場合もあるぞ。

パーツ盗難の被害で、部品の一部が欠損していたり、エンジンやミッションが壊れていたりするバイクも値段が付く可能性もある!それどころか、希少性の高いお宝バイクの場合には、思わぬ高額買取になることもあるんだ。

動かないからと言って廃車処分を検討する前に、まずはそのバイクに価値があるかどうか、バイク買取業者に問い合わせてみてはどうだろう

バイクを廃棄するのにかかるお金はどの位?

バイク販売店を通じて、事故車や不動車の廃車手続きの代行をお願いすると、いくら位の費用がかかるか知ってる?一般的な廃車費用は約25,000円位なんだって。買取業者にお願いすれば、買取ってもらえるかもしれない可能性のあるものを、逆にそれだけのお金を自分で出して処分するのは、ホント、もったいないよね。亀山さんも言っている通り、まずはバイク買取業者にお願いしてみてね。自分でお金を出して廃棄するのは、本当に最後の手段よ。

なぜ買取業者は事故車・不動車を買取ってくれるの?

事故車や不動車でも、修理・再生すれば、中古車として売ることができる場合もあるし、それが無理でも、パーツ取りとして、再利用できるパーツを取り外して売ることができるから、というのが理由なの。買取業者は、そうしたノウハウや販売ルートを確保しているから事故車・不動車を買取ってくれるのよ。

バイクを処分するなら、その前に買取業者に相談

事故車や不動車を手放したいという場合、最初から有料で廃車を委託する業者に依頼するというのは、ちょっと待った!それは実にもったいないやり方だぞ。整備長も言っている通り、事故車や不動車でも値段をつけてくれる買取業者は、ちゃんとあるんだ。そうした業者であれば自社で修理したり、あるいはパーツとして販売するなどのルートを確立しているんだぜ。

それこそ長年ほったらかしだった不動車に思いがない値段がつくこともあるし、事故車でも再生できるものは再生され、できないものはパーツ取りとして活用できるとして、買取ってもらえるんだ。自分でお金を出して廃車を委託するよりも、まずは、事故車・不動車の買取に対応している業者に査定を依頼すること。これ、絶対だぜ。

実際、知り合いで、ボロボロになって壊れている原付スクーターを、わざわざ処分費用を払って廃車処分業者に委託したという奴がいたんだけど、なぜ相談しないんだって説教してやったよ。そしたら、最初はキョトンとしてたんだけど、不動車でも買取ってもらえる場合が多いことを教えてやると、ようやく悔しいことだって理解した(苦笑)。

繰り返すが、事故車や不動車は、買取対応している業者に必ず打診してみること。絶対とまでは言い切れないが、いくばくかのお金を手にできる可能性があることを知っておいてくれ。自分でお金を払って処分するのは、それでもダメだった場合の、最後の手段だということを覚えておいてくれよ。

事故車・不動車売却のなんでも相談室

高値で買い取ってもらえる不動車・事故車の特徴は?

不動車や事故車でも、意外な程に高値がつく車輌というのには、いくつかポイントがあるので、知っておいてくれ。まずは、「エンジンがかかるか?」、「メインフレームが歪んでいないか?」というのは、買取の可否を大きく左右する。言うまでもなく、修理して中古車として再生できるかどうかのポイントになるからだ。例えばフロント回りにダメージが大きくても、エンジンとメインフレームが無事なら、買取ってもらえる可能性大だ。

もうひとつ大きなポイントと言えるのが、部品としてのニーズが高いものがあるかどうかという点だ。それこそ、中古車市場で人気のある車種であれば、部品としてのニーズは高くあるので、買取ってもらえる可能性が高くなる。例えばカワサキのZ1やZ2、スズキのカタナ、ホンダCBX400Fなんかは、事故車でもバーツとして、売れる可能性が高いはずだぜ。

また不動車の場合は、不動となってしまった理由によるぞ。例えば、単純にバッテリーが上がっていたり、燃料ラインの詰まりでエンジンがかからないというのであれば、比較的簡単に修復できるので、買取してくれる可能性は大だ。実際、単にバッテリー上がりだけだったら、査定そのものにあまり影響はない。むしろ、慌てて新品のバッテリーを買ってきて載せ替えるなんてことは、しない方がいい。バッテリーの値段分、損をしてしまうからな。

査定で値段がつきにくい車両の特徴は?

逆に、不動車や事故車で買取してもらえない特徴というのは、これまで言ってきたことの逆の条件に当てはまってしまう場合と言ってしまっていいだろう。

極端に言えば、事故によってメインフレームもエンジンもダメージが大きく、パーツ取りも不可能なほどに大破してしまっている車輌の場合は、買取ってもらえる可能性がグンと低くなってしまうな。まあ、それでも、一応、買取業者に査定だけはしてもらうべきだ。自腹で処分費用を払うというのは、本当に最後の手段だからな。

不動車の場合だと、例えばエンジンの焼き付きやブローによって動かないという場合には、単なるバッテリー上がりとかの場合に比べ、買取不可となる可能性が高まる。その場合でも、中古車市場で人気のある車種なら、エンジン以外の部品取りとして買取ってもらえる可能性もある。ただし、中途半端に古く、さして希少価値があるわけでもないといった車種の場合、買取不可となってしまうことは考えられるな。

以上の通り、事故車や不動車を買取ってもらえるかどうかというのは、ダメージの大小やパーツ取りが可能かどうか、中古車市場での人気がどうかといった要素が関係してくる。そうした点を踏まえて、事故車や不動車に対応している買取業者に打診してみてくれ。もちろん、事故車や不動車は自分で乗って行けない訳だから、出張買取してくれる業者を選ぶこと。

繰り返すが、事故車や不動車を自分で処分費用を払って廃車するのは、買取業者に買取不可とされた場合の、本当に最後の手段だぜ。

転倒歴が買取額に与える影響は?

立ちごけや握りこけなどでできた小さな傷は問題なし

バイクの買取依頼の時、立ちごけや握りこけとかでついちゃった小さな傷は、もちろんない方がいいけど、そんなに気にすることはないそうよ。バイクっていうのは、車とくらべて、外装の修理がしやすいから、車の場合ほどには減額にならないそうよ。ただし、次のような場合もあるそうだから知っておいてね。

「新しい」バイクほど傷による減額を受けやすい

ひとつは高年式の新しいバイクの場合。やっぱり買う側の心理として、新しいバイクなのに傷が目立つと、値切りたくなるわよね。逆に、一定以上の年式のバイクなら、そんなに影響はないそうよ。

「人気」があるバイクほど傷による減額を受けやすい

ただし、10年以上前の車種でも、人気が高い車種だと、やっぱり傷が少ない方が、高額査定につながるんだって。例えばGSX1100SカタナやGPZ900Rニンジャなんかはもちろんだけど、CB400SFのスペックIIIなんかでも同じ事が言えるそうよ。

事故歴や転倒歴は正直に言うことが吉

買取査定を依頼する時に、もしもその車両が事故車だった場合、そのことはつい隠したくなるわよね。でも、バイクの査定員さんというのは、その道のプロだから、そうした事も簡単に見抜いてしまうのよ。逆に、隠したことで印象が悪くなって、余計にマイナスにされちゃうこともあるから、正直に話した方がいいのだそうよ。

転倒歴と修復歴の違いとは?

転倒歴っていうのは、読んで字の通り、そのバイクに転倒した過去があるかどうかのことね。ある程度のスピードが出ている状態でコーナーでスリップダウンしてしまい、それなりに大きなダメージを負ってしまったという場合はもちろんだけど、立ちゴケや握りゴケなんかで出来てしまった小さな傷や凹みなんかも、厳密に言えば転倒歴ということになるのよね。

それに対して、修復歴というのは、バイクの場合、フレームを修正した過去があるかどうかを指しているの。なぜかと言うと、買取したバイクを中古車として販売する場合、修復歴ありというのを表示しなければならないからなの。曲がったフレームを板金で修正したり、ひびが入ったフレームを溶接した跡があれば、修復歴ありと判断されるのよ。

そもそも、フレームの修正っていうのは、高いお金がかかるのよね。場合によっては、もう一台バイクが買えちゃう位の金額になることもある位よ。だから、フレームにダメージを負ってしまった事故車の場合、それこそホンダNRとかカワサキZ2とかよほどのプレミアム価値のある車両じゃない限りは、そうしたお金をかけて直すよりも、事故車にも対応している買取業者に査定してもらう方が賢明よ。

水没バイクは売れるのか?

水没バイクは意外と売れやすい

先の東日本大震災による津波や、ここ数年でニュースで見る機会がぐっと増えている大雨や洪水、河川の氾濫なんかによって、大切にしていたバイクが、浸水や水没してしまったというケースも、もはや珍しいことではなくなってきているよな。

実際にそうした被害に遭遇してしまったライダーには、同じバイク乗りとして、気持ちを察するにあまりあるぜ。その上で、ぜひ知っておいて欲しいのだが、水没したバイクというのは、後から紹介する炎上した車両に比べれば、買取可能なケースは多くなるんだ。このことは、ぜひ、覚えておいてくれ。

水没バイクで見られるポイント

そもそも、バイクというものは、雨の中を走っても、そうそう簡単には壊れないようにできているものだ。ひと口に水没したといっても、どの程度なのかによって、買取の可否や査定金額が変わってくる。とりわけ大きなポイントとなるのが、エンジン内部に水が浸入してしまっているかどうかだ。

より具体的には、エンジンの給排気口、そしてサイレンサーエンドまで水が来たかどうかが、大きな鍵になってくる。逆に、オイルパンやクランクケースの下のラインまでだったら、エンジン内部にまでは、水が浸入していないか、浸入していても軽度なダメージで済んでいる期待が持てるんだ。もうひとつ、海水に浸かってしまった場合は、淡水よりも腐食などが起こりやすくなるため、注意が必要だ。

水没バイクが売れる理由

例えばエンジンに浸入してしまった車両であったとしても、燃料タンクや外装、ホイールなどの部品は再利用することができる。さらにエンジンも、完全オーバーホールすれば、生き返らせることは可能だからだ。またエンジンに浸水していない個体なら、修理をキチンと行うことで、中古車として再販することもできる。

水没バイクはすぐに手放すべき

水没してしまったバイクを、直して乗り続けるには、かなりのコストがかかるというのが現実だ。エンジンのチェックはもちろん、電装系の点検や交換、されには可動部の点検とグリスアップなどなど。希少なプレミアモデルや愛着が強いという場合には直すという選択肢もありだが、そこまででないなら、売却して別のバイクに乗り換えた方が、結果的には安く済む場合がほとんどだぜ。

炎上バイクは売れるのか?

炎上バイクは水没に比べて売れにくい

改めて言うまでもないことだが、炎上してしまったバイクは水没したバイクに比べると、売却できるハードルがかなり高くなってしまうのが現実だ。水没に比べ、原型をとどめていたり、再利用できるパーツが少なくなってしまうこと。修理によって再生できる可能性が、水没より低くなってしまうことが理由だ。

炎上バイクで見られるポイント

率直に言ってしまえば、火炎によってどの程度のダメージを受けたのかという点に尽きるな。例えば、外装は焼け焦げたがエンジンやフレームに影響がなかったという場合なら、再生することも可能だ。一方、車体全体が原型をとどめない位に…あとは言わなくてもわかるよな…

炎上バイクが売れる理由

例えばホイールやサスペンション、フレームなど、炎のダメージを受けていない状態であれば、そうした部品の再利用は可能になる。また、外装だけで中身が無事な程度であれば、中古車として再生することも不可能ではない。

電気系統の劣化で簡単に炎上する場合もある

バイクが炎上するというのは希なことだけど、絶対に起こらないことではないよな。例えば住宅の火事に巻き込まれたり、憎き放火のターゲットにされてしまうという場合もありえる。

ちなみに聞いた話だけど、昔、暗いところでガソリン残量を確認しようとして、タンクキャップを開けてライターをかざして炎上させたという強者がいたらしい…良い子のみんなは絶対真似ししちゃダメだぞ(苦笑)。また、これも聞いた話だけど、駐車してあったバイクのカバーに花火の火が燃え移ってしまったが、そばに消化器があってすぐ消したら、バイクそのもののダメージはほとんどなかったそう。でも、これは非常に稀だな。

その他にも、例えば電装系が劣化してショートしたり、燃料ラインのホース類が劣化する、あるいは事故でガソリン漏れが起きて炎上するといった場合も。そうした理由で炎上する可能性があるということは、しっかりと覚えておいてくれよな。

炎上バイクはすぐ手放そう

ほとんどの場合、炎上してしまったバイクを直して乗るというのは、その修理費用がかなり高くついてしまう。修理する費用と、そのバイクへの愛着や希少性などを、よくよく考えてみることだ。それでも修理して乗るという覚悟があるなら止めないが、そうでないなら、買取依頼をして、別のバイクに乗り換えた方が賢いと思うぞ。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。