バイクの下取り・乗り換え支援サービスのある買取業者はここだ!

バイクの高額買取業者徹底比較ランキング > バイク買取業者の選び方 > バイクの下取り・乗り換え支援サービスのある業者はここだ!

ここがポイント!!
バイク買取業者の選び方

CHOOSE

8バイクの下取り・乗り換え支援サービスのある業者はここだ!

買い取り業者 キャンペーン情報 キャンペーン内容 手続きの代行 公式HP
バイクワン HPに記載あり 最大3万円の現金支払い
バイク王 HPに記載あり 同店での購入で3万円支援 ×
バイクランド HPに記載あり 同店の購入費から3万円引き
バイクワン
キャンペーン情報 HPに記載あり
キャンペーン内容 最大3万円の現金支払い
手続きの代行
バイク王
キャンペーン情報 HPに記載あり
キャンペーン内容 同店での購入で3万円支援
手続きの代行 ×
バイクランド
キャンペーン情報 HPに記載あり
キャンペーン内容 同店の購入費から3万円引き
手続きの代行

バイクを乗り換えるなら絶対に使いたい業者

今乗っているバイクを売却して、別のバイクに乗り換える人には、下取り(売ったバイクの料金で新規購入するバイクの料金を値引きしてもらう制度)や乗り換えを支援してくれるキャンペーンを行っている業者がオススメ。

「下取り」は、バイクの販売をショップで行っている業者が、自社でバイクを買い取って、自社の販売するバイクを購入してもらう前提で、購入金額を補助してくれるサービスよ。

バイクワンが行っている「乗り換え支援キャンペーン」はちょっと特殊で、乗り換えするバイクをどこのショップで購入しても購入をサポートしてくれるわ。しばらくバイクの趣味から離れる場合は別だけど、継続してバイクに乗る予定があるなら、下取りやキャンペーンを利用した方が、最終的にはお得になるはずよ。

ここでは、乗り換えに有効なキャンペーンを行っている業者を評価しているわ。以下に、乗り換えで頼れるおすすめ業者をまとめているので、チェックしてみね。

乗り換えサポート・下取りサービスのあるバイク買取業者まとめ

バイクワンのオフィシャルサイト
キャンペーン情報 HPに記載あり
キャンペーン内容 最大3万円を支援
ローンの組み換え・手続きの代行

【下取り・乗り換え支援のキャンペーン内容】(2019年2月現在)

バイクワンは買取専門の業者で、中古車販売店の運営はしていないけど、「乗り換え支援キャンペーン」というのを実施しているわよ。同社へのバイク売却日より前後3ヶ月以内にバイクを購入する人が対象で、売却した車両の排気量によって支援金がもらえるのよ。

具体的には、125cc以下は1万円。400cc以下は2万円。400cc以上なら3万円となっているわ。しかも、大きな特徴は、どこのバイクショップで購入する場合でも支援の対象になるという点。どんな店でどんなバイクを選んでもOKというのは嬉しいわよね。ただし、このキャンペーンを利用したい場合は、バイクの売却の時に申請する必要があるので注意。後から申請するのはダメだそうよ。

あと、ローン中のバイクに乗っている場合の買取もOK。それだけじゃなく、ローン残債の代行精算をしてくれるサービスもあるわ。買取額がローン残高より低くなってしまう場合は専門スタッフが相談にのってくれ、審査がOKなら、残債分の再ローンも組めるそうよ。

バイク王のオフィシャルサイト
キャンペーン情報 HPに記載あり
キャンペーン内容 バイク王での購入のみ
最大3万円を支援
ローンの組み換え・手続きの代行 ×

【下取り・乗り換え支援のキャンペーン内容】(2019年2月現在)

バイク王は買取業者っていうイメージが強いわよね。だけど、最近では自社で買取した車両を中古車としても販売しているのよ。それこそ、乗り換えたい車両がバイク王で売っているなら、買取も購入も一緒にお願いできるというわけ。

そんなバイク王で実施しているのが、バイク買取を依頼して1年以内に同社でバイクを購入した人への特典付きサポートなの。内容は、126cc以上のバイクを購入する場合、購入費用を3万円サポート。これは売るバイクが125cc以下でも、購入するバイクが126cc以上なら適用されるそうよ。購入するバイクが125cc以下の場合はヘルメットやロックなどのバイク用品をプレゼントしてくれるそうよ。

あと、ローン中のバイクの買取については、公式サイトでは、特に何も記載されていなかったわ。バイク王といえば、買取業界では大手だから、当然やっていると思ったんだけど、なんか以外な感じね。ただ、ホームページに記載していないだけという可能性もあるから、念のため、確認してみることをオススメするわ。

バイクランドのオフィシャルサイト
キャンペーン情報 HPに記載あり
キャンペーン内容 バイクランドでの購入費用から
3万円値引き
ローンの組み換え・手続きの代行

【下取り・乗り換え支援のキャンペーン内容】(2019年2月現在)

バイクランドも大手の買取業者よね。出張買取だけではなく、「直販センター」という販売店も展開しているわ。場所は東京都の練馬区土支田。駐車場が広いから、その敷地内でも試乗もOKなんだって。あと、東京都足立区椿の「環七鹿浜店」にはハーレーを常時60台~80台揃えているそうよ。

そんなバイクランドでは「乗り換え応援キャンペーン」というのを実施しているんだって。126cc以上のバイクを買取依頼した上で、次のバイクを同社で購入すると、購入するバイクの車両本体価格から3万円の値引をしてくれるんだって。直販センターや環七鹿浜店で購入する場合はもちろん、全国(沖縄・離島を除く)の通販でもOKだそうよ。

ちなみにローン中のバイク買取も対応してくれていて、買取額がローン残高より低い場合でも、フォロークレジットを用意してくれているわ。今乗っているバイクがローン中でも、乗り換えたいバイクが見つかったら、相談してみるべきね。

ワースワイル(バイク査定ドットコム)のオフィシャルサイト
キャンペーン情報 HPに記載あり※詳細は不明
キャンペーン内容 公式HPに
「買い替えはさらに高価下取りOK」と記載
ローンの組み換え・手続きの代行 ×

【下取り・乗り換え支援のキャンペーン内容】(2019年2月現在)

ワースワイルは「バイク査定ドットコム」という買取事業を展開していて、関東から関西までをカバーしているわね。また関東、名古屋、関西にはMFDというバイク販売店も展開しているのよ。ちなみに、出張買取は対応していないけど店頭買取は可能な九州福岡店もあるそうよ。

そんなワースワイルでは、乗り換えの支援として、明確なキャンペーンというのは特に行っていないみたいなんだけど、公式ホームページには「買い替えはさらに高価下取りOK」という文言が記載されているわ。販売店であるMFDでバイクを買い換える場合は、それまで乗っていたバイクの買取査定に色をつけてくれるって事みたい。ただし、具体的な金額はなかったので、ケースバイケースということみたい。

あと、ローン中のバイクの買取については、バイク王と同じで、公式サイトでは何も言及されていないのよね。可能なのか不可なのかは、問い合せてみないと…ってことのようだわ。

レッドバロンのオフィシャルサイト
キャンペーン情報 HPに記載あり
キャンペーン内容 会員のみ下取り保証
ローンの組み換え・手続きの代行

【下取り・乗り換え支援のキャンペーン内容】(2019年2月現在)

レッドバロンは新車・中古車の販売からバイクの買取まで幅広く手がけている、全国規模で有名な販売店よね。そんなレッドバロンには、自社でバイクを購入したお客さん向けに、会員システムを行っていて、その会員なら「下取り保証」というのを行っているそうよ。

ただし、具体的な金額とかまでは載ってないから、ケースバイケースみたいね。あとオイルリザーブシステム・盗難保険なんかも、加入してあったバイクのものを、買い換えるバイクに引き継げるんだって。この辺は、さすがレッドバロンって感じね。

あと、ローン中のバイクに乗っている場合の買取もOKだそうよ。「名義変更・残積確認、処理はおまかせ」としているわね。ただし、買取額がローン残高より低い場合に、フォロークレジットが利用できるかどうかまでは書いてなかったから、これは要確認よ。

キャンペーンの内容をしっかり見極めることが大切

今乗っているバイクから、別のバイクに乗り換える前提で買取に出す場合は、依頼先の業者がどのような対応や特典を用意しているのかをキチンとチェックすることが大事だぞ。例えば、その買取業者が運営している販売店での買い替えであれば特典の対象になるケースが多いが、別の販売店での購入では、無効となってしまう場合がほとんどだ。

その点、バイクワンの「乗り換え支援キャンペーン」では、購入先のバイク店は不問で、どの販売店で購入しても、特典が適用になるというのは、なかなか他社にはないサービスで、利用者には嬉しいものだな。ただし、売却する車両の排気量によって支援金額が異なり、また他のキャンペーンとの併用はできないといった注意点もあるから、そうした点も、しっかり考慮しておいてくれ。

繰り返しになるが、バイクの乗り換え支援のキャンペーンは、業者ごとに内容や条件が違っていて、また有効期間が限られていたりする場合も多い。各社のホームページで内容をしっかりチェックして、不明な点は問い合せて確認するべきだ。

また、買取を依頼する業者が下取りに対応しているかどうかをチェックするのはもちろんだが、下取りやキャンペーンには、排気量によって支援してもらえる金額が異なっていたり、乗り換えを支援する期間が限定されていたりする場合がある。加えて、同時期にやっているキャンペーンと併用できないというケースが多いので、業者のオフィシャルサイトや電話問い合わせで、詳細をしっかり確認しておきたい。

その上で、もうひとつチェックしておきたいのが、次のバイクを購入する業者に買取を依頼する場合、新たに購入するバイクが、他の販売店でいくらの値付けがされているかという点だ。

当たり前のことだが、乗り換えキャンペーンを上手く利用して購入サポートを得られたとしても、そのお得分よりさらにリーズナブルな値段でお目当ての車種が他の販売店で売っていた、なんてこともありえるからだ。もちろんこうしたキャンペーンは上手く利用すべきものだが、その魅力的な条件に舞い上がってしまい、物事の本質を見失うってことが無いようにしてくれよ。

想像していたバイクと違う場合は乗り換えも視野に

バイクに限らずいろいろな買い物の場合でも言えることだけど、ひと目惚れして購入したバイクに、いざ乗り始めてみたら、想像とは違っていた…、実はこれって、そんなに珍しいことじゃないんだぜ。

もちろん、今時のバイクというのは、メーカーや車種によって例外もあるけれど、基本的にはどんなライダーでも扱いやすいように造られている。最初は違和感があったとしても、慣れればじきにしっくりしてくるものだし、またカスタムによって違和感を解消するというやり方もある。例えば足つき性がよくないという場合には、ローダウンキットを装着したり、シートを低反発素材にするといった具合だ。

ただし、そうしたことをしてもなお違和感が解消されないという場合は、買取業者へ売却し、別のバイクを購入する、あるいは乗り換えを前提に、バイク販売店へ下取りに出すということを決断すべきだね。無理してまで違和感のある車種に乗り続けなきゃいけない道理はないからな。

で、言うまでもないことだが、バイクというのは一部のプレミア車種は例外として、一般的には年式が新しいほど、走行距離は少ないほど、そしてコンディションがよいものほど、高く売ることかできる。買い替え、乗り換えを決断したなら、なる早で売却を進めるべきだぜ。もちろんその場合には、鬼車さんや貴子ちゃんが言っているように、買取業者が行っている乗り換えキャンペーンを上手く使うのが賢いやり方だぞ。

それから、バイクを買ったあとに後悔しないためには、自分がバイクに求める用途や目的はなんなのかを確かめた上で、購入するバイクを決めるという手順を踏んでくれ。見た目や雰囲気だけでなく、そのバイクはどんな特性なのかを把握した上で選ぶことが大事だぜ。例えば…

「ネイキッド」は言わばバイクの基本形で、教習車にも採用されているように、楽な乗車姿勢で乗れる万人向け。

「スーパースポーツ」はサーキット走行などで高い次元のコーナーリング性能を発揮できるが、前傾姿勢で乗り続けなければならず、公道で長時間乗るには負担が大きい。

「ツアラー」は大型のカウルや長時間でも疲れにくい乗車姿勢が特徴で、長距離ツーリングを快適にこなせるタイプ。

「アメリカン」はハーレーなどに代表される、ロー&ロングなフォルムのクルーザータイプの総称。直進安定性に優れる反面、コーナーリング性能は低めだ。

「ビッグスクーター」は、250cc以上の排気量を持つタイプで、運転の楽さ、収納性の多さなどが売り。最近では400cc以上の排気量を持つものも増えているぞ。

「オフローダー」は文字通り、未舗装路や砂利道なんかを走破できるように造られているタイプ。軽量・細身で頑丈な造りとなっているが、シート高が高く、足つき性に難ありだ。

さらにもうひとつ、足つき性というのは、バイク選びの際に重要な要素だが、スペック上のシート高の数値だけでは分からないというのが実情なんだ。シートの材質や形状、幅、厚み、そしてサスペンションの沈み具合やライダーの体重などによって変わってくる。万全を期すには、実際にその車両に跨ってみることが重要だぜ。

バイク買取と下取りはどちらの方が高く売れるのか

結論から先に言ってしまうわね。バイクを売却する場合、専門の買取業者の買取と、販売店の下取りを比べた場合、買取の方が下取りよりも高額査定となる期待が持てるのよ。もちろん、買取業者によって金額が違ったり、場合によっては下取りの方がお得という場合もありえるけど、一般的には下取りより買取の方が高く売れることが多いのよ。まずは、この点を、キチンと踏まえておいてね。

販売店での下取りの方が買取よりもお得となる場合

条件次第では販売店での下取りの方が買取よりもお得となる場合もあるわ。それは、買い替えで購入するバイクの値引きと、下取り価格の合算が、買取よりも高くなる場合。

そもそも、下取りというのは、そのバイク屋さんにとっては、中古として販売するバイクの「仕入れ」でもある訳よね。それをみすみす他の買取業者に持っていかれてしまう位なら、下取り価格に加えて、新たに購入するバイクの値引きもするという条件を出してくることも期待できるというわけ。

特に、売るバイクと買うバイクが同じメーカー同士で、お店がそのメーカーの特約店や専門店という場合なら、その期待はより高くなるわね。逆に、例えばホンダドリーム店に、カワサキやヤマハ、スズキのバイクを下取りに出しても、そこまでの期待はできないというのが現実なのよね…。こうしたことも、ぜひ覚えておいてね。

もうひとつ、下取りの時に「値引きはできないけど、下取を高くする」というような台詞には要注意よ。これは、ある種の錯覚を起こさせるための方便のようなもので、実際にはそれらの数字を調整しているという手口だから、騙されないようにね。あくまでも下取りの場合、下取りがいくら、値引きがいくらと提示してもらって、その合算と買取業者の価格を比較して判断してね。

その上で、なぜバイク買取の専門業者は、販売店の下取りよりも高く買い取れるのかが、知りたいところよね。言ってしまえば、バイク買取業者は、買い取ったバイクの流通経路を適切に確保して、適宜使い分けているからなの。その中には、自社で運営する販売店で再販する場合もあれば、提携業者に業販したり、オークションに出品、あるいは海外へ輸出というルートを確立している業者さんもある位なの。

そうしたルートをフルに活用して、また車種や年式、コンディションなどの条件によって最適な流通先を適宜使い分けることによって、利益を効率化できるから、その分を買取価格に反映できるんですって。だから一般的には、下取りよりも買取の方が、高額で売却できる可能性が高いというわけ。

繰り返しになるけど、下取りを利用するのは、あくまで好条件が整っている場合。それ以外は買取がオススメよ。

下取りや乗り換えキャンペーンのメリットとは?

改めて説明するまでもないことだけど、バイク買取業者が行っている下取りや乗り換えキャンペーンを上手に利用すれば、その分、よりお得に買い替えや乗り換えを行えるというのが最大の魅力だよな。

例えば売りたいバイクの買取査定がA社で48万円、B社が50万円だった場合、当然B社に売るべきだが、A社が乗り換えキャンペーンを実施していてその特典が3万円だった場合、合計51万円になってA社の方がお得ということになる。こうしたキャンペーンを実施している業者があるなら、利用しないという手はないよな。

下取りや乗り換えキャンペーンのデメリットは?

その一方で、こうしたキャンペーンは、本当に自分にとってメリットがあるかどうかを、しっかりと見極める必要があるという点も忘れちゃダメだぜ。特に注意すべきなのが、そのキャンペーンの適用条件だ。例えばバイク王やバイクランドの3万円キャッシュバックは、買い換えるバイクをそれぞれの直営店で購入しなければならないという制約がある。

逆に、バイクワンのキャッシュバックは購入する販売店に制約はないけれども、買取契約成立から6ヶ月以内が条件となっていて、また売却するバイクの排気量によって、1万円~3万円まで、キャッシュバック金額に差があるといった具合だ。

また、こうしたキャンペーンは、期間が限定されていることも多いので、その点にも注意が必要だぜ。繰り返すが、キャンペーンの内容や条件をよくよく吟味して、自分にとって本当にお得なのかを、しっかり判断してくれよな。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出してみた実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめた。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が異なるので参考にしてほしい。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いため買取金額も高くなりやすい。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴だ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることがおすすめだ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うのら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にうれしいのが、下取りや乗り換え支援サービスだろう。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてほしい。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外性のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。