バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » BMW【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » C650Sport
  

BMW

C650Sport(2018年式)

スポーツ性重視のBMW製大排気量スクーター
C650Sport(2018年式)の買取相場と査定レポート

並列2気筒650ccエンジンを引っ提げ、大排気量スクーターのジャンルに参戦したBMW。そのラインアップのうち、よりスポーツ性を重視したモデルがC650スポーツになります。気になる買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

C650Sport(2018年式)を査定してもらいました!

高額査定がついたC650Sport(2018年式)の画像はコレだ!

bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例

高額査定がついたC650Sport(2018年式)の画像はコレだ!

bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
bmw_c650sport_2018 買取査定事例
買取車情報
年式 2018年
走行距離 20,000km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
5
エンジン錆、カバー傷錆、ラジエター錆多
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
フォークアウター錆/シール破れ、ステム錆、ホイール傷錆
外装(外装パーツの状態)
5
センター傷、アンダー傷、サイド傷、シート傷、Frフェンダー傷小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆、スイングアーム錆、ホイール傷錆、ブレーキ錆ディスク減り
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
ライト傷、ミラー傷、マフラー傷錆/カバー傷多、エキパイ錆多
フレーム
5
フレーム錆、ステップ傷、スタンド傷錆
そのほか
-
メインキー2本、屋外駐車、傷錆多く使用感のある車輛

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

査定者の評価コメント
エンジン 5
エンジン錆、カバー傷錆、ラジエター錆多
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
フォークアウター錆/シール破れ、ステム錆、ホイール傷錆
外装(外装パーツの状態) 5
センター傷、アンダー傷、サイド傷、シート傷、Frフェンダー傷小
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス傷錆小、スイングアーム錆傷小、チェーン錆小、ホイール傷錆小
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
ライト傷、ミラー傷、マフラー傷錆/カバー傷多、エキパイ錆多
フレーム 5
フレーム錆、ステップ傷、スタンド傷錆
そのほか -
メインキー2本、屋外駐車、傷錆多く使用感のある車輛

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

PRバイクワン
バイクワン公式サイトキャプチャ 引用元:バイクワン公式HP(https://www.bikeone.jp/)

最短で即日訪問&その場で現金支払い

この車種を査定してくれたのは、北海道・沖縄を除く全国各地で即日出張買取中の「バイクワン」。
大切にしてきた愛車の価値を正しくつけるため、エンジンから外装パーツ、フレームに至るまで丁寧に査定してくれる買取専門業者です。
国産車、輸入車、改造車、事故車、不動車に至るまで幅広く買い取り、 即日現金払いするなど「バイクをなるべく早く売りたい」というニーズに応えてくれます。
大切な相棒を任せるなら、バイクワンがおすすめです。

「ライダーライターT」よりひとこと

こちらは2018年式のC650スポーツ。兄弟車のC650GTと比べると、全体的にカウル形状がシャープに仕上げられていて、マフラーも跳ね上げスタイル。文字通り、スポーツ性をより重視していますね。

この個体に対する買取査定としては、走行距離が比較的多く、屋外駐車で傷や錆も多め、使用感のある車輛と評価されたそうです。

なお社外製マフラーへの換装かつ純正保管でプラス20,000円~40,000円程度。サドルバッグやスクリーンなどの装着でプラス10,000円~30,000円程度の査定アップが期待できるそうです。

C650Sport(2018年式)とは

bmw_c650sport_2018
C650Sport(2018年式)のスペック情報
型式 2BL-C65AA
総排気量 647cc
最高出力 44kW(60PS)/7,500rrpm
最大トルク 63Nm/6,000rpm
全長・全高・シート高 2,180mm/1,480mm/810mm
重量 249kg
エンジン型式 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
燃料タンク容量 15.5L
燃料消費率 21.7km/L
発売年 2016年(C600スポーツは2011年)
メーカー希望小売価格 1,259,000円
カラー ライトホワイト、ブラックストームメタリック他

C650Sport(2018年式)の歴史

600から650へと「車名変更」

C650スポーツは、先代モデルであるC600スポーツが2011年に登場。その後、2016年に後継モデルとしてC650スポーツが発売開始という流れになります。しかしながら、先代の600も、実は647ccエンジンを搭載しており、排気量アップされたという訳ではありません。

一方、この「車名変更」を機に、ACS(オートマチック・スタビリティ・コントロール)を追加装備。リヤタイヤの空転をセンサーが感知すると、トラクションを制御し安定性を向上させています。加えてCVTやサスペンションセッティングにも改善が施されています。

C650Sport(2018年式)の魅力

スポーツ性を重視した、BMW製スクーター

BMWが公式にアナウンスしているという訳ではありませんが、C650スポーツはずばり、ヤマハのT-MAXを強く意識した車種と言ってよいでしょう。スクーターでありながら高いレベルのスポーツ性能を融合させた車体は、T-MAXの人気の要因。その対抗策として、BMWはT-MAXを上回る650ccエンジンを投入しました。

加えて容量可変式のラゲッジスペースやサイドスタンド連動ブレーキ、3段に可変可能なスクリーンといった装備も充実。加えて日本仕様にはグリップヒーターとシートヒーター、ETC(2017年式以降)も標準装備。BMWの力の入れ具合が、如実に分かる仕上がりとなっています。

 
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?