ディアベルカーボン(2015年式)

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ドゥカティ【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » ディアベルカーボン(2015年式)
  

ドゥカティ

ディアベルカーボン(2015年式)

個性を際立たせたマイナーチェンジ
ディアベルカーボン(2015年式)の買取相場と査定レポート

ドゥカティ独自のクルーザーモデルとして人気のディアベル。その上位モデルであり、マイナーチェンジによってより個性を際立たせたのがディアベルカーボン2015になります。気になる買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

ディアベルカーボン(2015年式)を査定してもらいました!

高額査定がついたディアベルカーボン(2015年式)の画像はコレだ!

ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例

高額査定がついたディアベルカーボン(2015年式)の画像はコレだ!

ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
買取車情報
年式 2015年
走行距離 6,500km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 アルミパーツ多数、ナンバー移設
査定者の評価コメント
エンジン
5
カバー傷小、オイル滲み箇所あり、セル一発で可動、アイドリング・吹け上がり問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
ステム錆小、ハンドル傷、サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態)
5
タンク傷小、サイドカバー傷小、フェンダー傷小、外観特に問題なし
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
5
サス錆、ホイール傷小、外観・機能ともに問題なし
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小・変色箇所あり、電装系特に問題なし
フレーム
5
メインフレーム錆小、ステップ傷小
そのほか
-
鍵2本、取説あり、目立つ傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 5
カバー傷小、オイル滲み箇所あり、セル一発で可動、アイドリング・吹け上がり問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
ステム錆小、ハンドル傷、サス錆小、ホイール傷小、外観・機能ともに問題無し
外装(外装パーツの状態) 5
タンク傷小、サイドカバー傷小、フェンダー傷小、外観特に問題なし
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 5
サス錆、ホイール傷小、外観・機能ともに問題なし
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
サイレンサー傷小、エキパイ錆小・変色箇所あり、電装系特に問題なし
フレーム 5
メインフレーム錆小、ステップ傷小
そのほか -
鍵2本、取説あり、目立つ傷や錆少なくきれいな車輛

※点数は10点満点です

PRバイクワン
バイクワン公式サイトキャプチャ 引用元:バイクワン公式HP(https://www.bikeone.jp/)

最短で即日訪問&その場で現金支払い

この車種を査定してくれたのは、北海道・沖縄を除く全国各地で即日出張買取中の「バイクワン」。
大切にしてきた愛車の価値を正しくつけるため、エンジンから外装パーツ、フレームに至るまで丁寧に査定してくれる買取専門業者です。
国産車、輸入車、改造車、事故車、不動車に至るまで幅広く買い取り、 即日現金払いするなど「バイクをなるべく早く売りたい」というニーズに応えてくれます。
大切な相棒を任せるなら、バイクワンがおすすめです。

条件が違ったらディアベルカーボン(2015年式)の査定額はどう変わる?

社外ステップやスクリーン等カスタム プラス10,000円~30,000円
社外マフラー換装、純正保管あり プラス20,000円~50,000円
転倒によりダメージが目立つ車輛 マイナス50,000円~
社外ステップやスクリーン等カスタム
プラス10,000円~30,000円
社外マフラー換装、純正保管あり
プラス20,000円~50,000円
転倒によりダメージが目立つ車輛
マイナス50,000円~

ディアベルカーボン(2015年式)のカスタム事例

ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例

ディアベルカーボン(2015年式)のカスタム事例

ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例
ducati_diavel_carbon_2015 買取査定事例

ライダーライターTよりひとこと

こちらは2015年式のディアベルカーボン。初代と比べ、ヘッドライトが丸目から変形となってLED化され、ライト回りのカウル形状もよりスタイリッシュに刷新されていますね。リヤ周りもすっきりカスタムされています。

この個体に対しての買取査定としては、細かな傷や錆はあるものの、目立つほどではなくきれいな車輛と判断、鍵2本と取説付属も評価されたそうです。

なお社外製シートやスクリーンなどのカスタムが施されていればプラス10,000円から30,000円程度。社外製マフラーへの換装かつ純正マフラーの保管でプラス20,000円から40,000円程度の査定アップが期待できるそうです。

ディアベルカーボン(2015年式)とは

ducati_diavel_carbon_2015
ディアベルカーボン(2015年式)のスペック情報
型式 ZDMG105J
総排気量 1,198.4cc
最高出力 82kW(112PS)/ 6,500rpm(日本仕様)
最大トルク 117Nm(11.9kgf·m)/ 6,250rpm(日本仕様)
全長・全高・シート高 2,235mm/1,192mm/750mm
重量 234kg
エンジン 水冷4ストL型2気筒
燃料タンク容量 17L
燃料消費率 -
発売年 2015年
メーカー希望小売価格 2,499,000円~
カラー レッド・マットカーボン、スターホワイト・マットカーボン

ディアベルカーボン(2015年式)の歴史

初代デビュー以来、ラインアップを続ける上位モデル

ディアベルは2011年、ドゥカティ独自のクルーザーモデルとしてお目見えし、一躍人気車種に躍り出たモデル。その上位モデルとして、デビュー以来スタンダード仕様とともにラインアップされているのがディアベルカーボンになります。車名の通りカーボン外装や独自のホイール、カラーリングなどがスタンダードとの違い。

ディアベルシリーズは2014年に初のマイナーチェンジを慣行。1気筒あたりツインプラグ方式となったテスタストレッタ 11°DSエンジンを搭載。併せてヘッドライトのLED化と形状が変更されヘッドライト周りのカウルデザインもよりスタイリッシュに刷新。ボディカラーにはスターホワイト・マットカーボンが新たに追加されました。

ディアベルカーボン(2015年式)の魅力

ディアベル上位モデルとしての存在感を、さらに尖鋭化

ディアベルというモデルはドゥカティのなかでも異色の存在と言えます。スポーツ系車種を得意としていたメーカーが、自社初のクルーザータイプとして手掛けたのは大きな驚きをもたらすとともに、それまでドゥカティを敬遠した層のライダーを取り込むことにも成功しました。そんなディアベルの上位モデルであるカーボンは、質感や存在感、さらには軽量化といったアドバンテージにより、より特別な存在感を放っていました。

そんなディアベルカーボンが、初のマイナーチェンジを慣行。元々放っていた類まれなる個性を、よりスタイリッシュに刷新し、性能面もより向上。数あるディアベル派生兄弟モデルのなかでも、確固たる地位を確立したと言ってよいでしょう。

 
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?