FLHR ロードキング(2009年式)

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ハーレーダビッドソン【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » FLHR ロードキング(2009年式)
  

Harley-Davidson

FLHRロードキング(2009年式)

ツインカム96搭載&インジェクション化を慣行
FLHRロードキング(2009年式)の買取相場を調査

ビッグツインエンジンにボード型ステップ、サイドパニアを装着した、シンプルスタイルのツーリングファミリー。その2009年式がFLHRロードキング FB4になります。そんな同モデルの買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

FLHRロードキング(2009年式)を査定してもらいました!

高額査定がついたFLHRロードキング(2009年式)の画像はコレだ!

harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例

高額査定がついたFLHRロードキング(2009年式)の画像はコレだ!

harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
harleydavidson_flhr_roadking_fb4 買取査定事例
買取車情報
年式 2009年
走行距離 8,800km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 ハンドル、ダービーカバー、ETC
査定者の評価コメント
エンジン
5
錆小、カバー錆小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
4
ステム錆、サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態)
5
タンク傷小、スクリーンくもり、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
5
メインフレーム錆小、ストッパー傷小、ステップ傷小・錆
フレーム
5
ステップ傷小
そのほか
-
鍵2本、足回りに傷や錆目立つが比較的きれいな車輛

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

査定者の評価コメント
エンジン 5
錆小、カバー錆小、外観・機能ともに問題無し
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 4
ステム錆、サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態) 5
タンク傷小、スクリーンくもり、フェンダー傷小、外観特に問題無し
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 4
サス錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 5
メインフレーム錆小、ストッパー傷小、ステップ傷小・錆
フレーム 5
ステップ傷小
そのほか -
鍵2本、足回りに傷や錆目立つが比較的きれいな車輛

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

PRバイクワン
バイクワン公式サイトキャプチャ 引用元:バイクワン公式HP(https://www.bikeone.jp/)

最短で即日訪問&その場で現金支払い

この車種を査定してくれたのは、北海道・沖縄を除く全国各地で即日出張買取中の「バイクワン」。
大切にしてきた愛車の価値を正しくつけるため、エンジンから外装パーツ、フレームに至るまで丁寧に査定してくれる買取専門業者です。
国産車、輸入車、改造車、事故車、不動車に至るまで幅広く買い取り、 即日現金払いするなど「バイクをなるべく早く売りたい」というニーズに応えてくれます。
大切な相棒を任せるなら、バイクワンがおすすめです。

「ライダーライターT」よりひとこと

こちらは2009年式のFLHRロードキング FB4。ツーリングファミリーならではの重厚さとカウルレスのシンプルさが共存していて、その上で後付けのエイプハンガースタイルのハンドルが、大いに存在感を放っていますね。

気になる買取相場は940,000円~1,120,000円。この個体に提示された買取査定はちょうど1,000,000円だったとのこと。足回りに傷や錆などが目立つものの、それなりにきれいな状態と評価、カスタムパーツ装着も加味され、この買取査定金額が提示されたそうです。

なお、ステップやリアサスなどのカスタムが施されていればプラス10,000円~30,000円程度。社外製マフラー装着かつ純正保管でプラス20,000円~40,000円程度の査定アップが期待できるそうです。

FLHRロードキング(2009年式)とは

harleydavidson_flhr_roadking_fb4
FLHRロードキング(2009年式)のスペック情報
型式-
総排気量 1,584cc
最高出力 非公表
最大トルク 118N・m/2,500rpm
全長・全高・シート高 2,390mm/1,425mm/693mm(加重時)
重量 345kg
燃料タンク容量 22.7L
燃料消費率
発売年 2007年(初代ロードキングは1994年)
メーカー希望小売価格 2,557,000円~(2009年モデル)
カラー ブラック、レッド他

FLHRロードキング(2009年式)の歴史

シンプルさと重厚さが共存するツーリングファミリーモデル

FLHRロードキング(2009年式)は2007年のモデルチェンジによって登場。大きな特色は、それまでの1450ccツインカム88に代わり、新たに1,584ccのツインカム96エンジンを搭載。併せて吸気方式も機械式キャブレターから電子式のインジェクションに換装されました。

そんなロードキングは、1994年に初代が登場。ビッグツインエンジン、ボードスタイルのステップ、サイドパニアケース装着といった特徴を持つツーリングファミリーのなかで、カウルレスのシンプルスタイルという立ち位置。それでいて、ツーリングファミリーらしい重厚感も兼ね備えています。

FLHRロードキング(2009年式)の魅力

ツインカム96搭載&インジェクション化という進化

FLHRロードキング(2009年式)は、ツインカム96エンジンを搭載しキャブレターからインジェクション式に変更という、まさに大きな転換がなされたタイミングのモデルになります。そうした進化によってもたらされたのは、高速走行時における快適性が大きく向上した点。

ハーレーらしい味わいのある鼓動感は薄まってしまったものの、同時に不快な振動も大きく軽減され、高速道路を使った長距離走行時の疲労感がまったく違うという評価がなされました。古くからのハーレーファンには不評の声が多かったようですが、比較的新しいハーレーファンからは好評を得たとのこと。まさに新世代ハーレーの始まりを告げたモデルと言えるでしょう。

 
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?