FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ハーレーダビッドソン【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)
  

ハーレーダビッドソン

FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)

ツインカム88 にインジェクション化を慣行
FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)の気になる買取相場や実際の査定額は?

低く構えたロー&ロングのフォルムにビッグツインの組み合わせで高い人気を博していたモデルが、2006年、エンジンをインジェクション化。そうして生まれたのがFXDL-I1450ダイナローライダーになります。気になる買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)を査定してもらいました!

高額査定がついたFXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)の画像はコレだ!

harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例

高額査定がついたFXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)の画像はコレだ!

harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
harleydavidson_fxdli1450_2006 買取査定事例
買取車情報
年式 2006年
走行距離 14,400km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 ハンドル、リアサス、ウインカー、ペダル、グリップ他
査定者の評価コメント
エンジン
5
エンジン錆、カバー傷錆、エアクリーナーカバー傷
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
4
フォークアウター傷錆、ステム錆、ホイール傷錆、ブレーキ錆
外装(外装パーツの状態)
4
サイド傷、タンク傷多、前後フェンダー傷多、シートベルト欠品
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆、スイングアーム錆、スプロケ錆、ホイール傷錆
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
 ブレーキランプ傷、ミラー錆、マフラー傷錆、エキパイ錆
フレーム
4
フレーム傷錆、ダウンチューブ傷錆、ステップ傷錆、スタンド傷
そのほか
-
メインキー1本、屋内保管車、傷錆あるが使用感程度の綺麗な車輛

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

査定者の評価コメント
エンジン 5
エンジン錆、カバー傷錆、エアクリーナーカバー傷
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 4
フォークアウター傷錆、ステム錆、ホイール傷錆、ブレーキ錆
外装(外装パーツの状態) 4
サイド傷、タンク傷多、前後フェンダー傷多、シートベルト欠品
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 4
サス錆、スイングアーム錆、スプロケ錆、ホイール傷錆
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
 ブレーキランプ傷、ミラー錆、マフラー傷錆、エキパイ錆
フレーム 4
フレーム傷錆、ダウンチューブ傷錆、ステップ傷錆、スタンド傷
そのほか -
メインキー1本、屋内保管車、傷錆あるが使用感程度の綺麗な車輛

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

「ライダーライターT」よりひとこと

こちらは2006年式のFXDL-I1450ダイナローライダー。インジェクション仕様をベースに、エイプハンガースタイルのハンドルやリヤのサスペンションなど、精力的なカスタムが施されていますね。

この個体に対する査定としては、傷や錆はそれなりに見られるものの使用感程度。屋内保管で綺麗と評価されたそうです。

なお、社外製マフラー装着かつ純正マフラー保管でプラス20,000円~40,000円程度。社外ホイールやエアクリーナーなどの装着でプラス50,000円。ETC装置装着ならプラス10,000円、傷や錆が一切無ければプラス50,000円の査定アップが期待できるそうです。

FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)とは

FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)

FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)のスペック情報

型式 GN1
総排気量 1,449cc
最高出力 非公表
最大トルク 110N・m/3,000rpm
全長・全高・シート高 2,365mm/1,195mm/655mm(加重時)
重量 305kg
エンジン 空冷4ストロークOHV2バルブV型2気筒
燃料タンク容量 17.8L
燃料消費率 18.9km/L
発売年 2006年
メーカー希望小売価格 2,035,000円~
カラー ブラック、ブルー他

FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)の歴史

インジェクション化がなされた新生ローライダー

FXDL-I1450ダイナローライダーは2006年に登場。時系列的には、1977年の初代FXS、1987年の2代目の FXLRを経て、3代目ローライダーとしてFXDLが1993年に登場。当初は1340ccエボリューションエンジン、そして1999年に1450ccのツインカム88が搭載されました。

そそうした流れを経て2006年、ツインカム88エンジンが排気量や基本構造はそのままに、吸気方式を機械式キャブレターから電子式インジェクションへと変更。新たなローライダーとしてお目見えしたのが、このFXDL-I1450になります。また、基本的なフォルムは踏襲しながら、車体細部のデザインも刷新されています。

FXDL-I1450 ダイナローライダー(2006年式)の魅力

ハーレーらしさはそのままに、燃費や信頼性が大きく向上

実は2006年のモデルチェンジによって、一部のダイナ愛好家からの人気が下降傾向となったということがありました。流麗だったフォルムがゴツイ印象となってしまい、またヘッドライトの上部のバイザーが非装着となったことも拍車をかけました。

その一方で、キャブからインジェクション化されたことにより、燃費や信頼性は大きく向上。とりわけ朝一番での始動性や、標高が高い場所などでも、エンジンが安定して鼓動を刻んでくれるとうのは大きなメリットとなっています。どちらを重要視するかは、個々のライダー次第ですが、2006年式ローライダーには、キャブ仕様にはない長所があるというのが大きな強みとなっています。

 
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?