バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ホンダ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » CB400F
  

HONDA

CB400F

2013年に販売開始した400ccクラスのネイキッドバイク
買取相場&リアル査定レポート

2013年に登場したCB400F。CBR400RRと400Xの兄弟車種として販売されたバイクです。そんなCB400Fの買取相場とは?リアルな査定結果も詳しく紹介!CB400Fの歴史や魅力、車種情報なども掲載していますので、売却を考えている方はぜひチェックしてみてください。

CB400Fを査定してもらいました!

CB400F
買取車情報
年式 平成25年
走行距離 7,900 km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無
査定者の評価コメント
エンジン
6
セル一発始動、異音等もなく回転の上がり方もスムーズ
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
5
タイヤ山7-8分、ディスクローター減り小
外装(外装パーツの状態)
5
使用傷、若干の色褪せ有り
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
4
ディスクローター錆小、ブレーキパッド要交換、タイヤ山5分
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
エキパイに汚れ・錆・付着物有り
フレーム
6
錆、傷等、一切なし
そのほか
-
ABS付き、屋外保管のため、多少の錆、色褪せがあった

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

エンジン 6
セル一発始動、異音等もなく回転の上がり方もスムーズ
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 5
タイヤ山7-8分、ディスクローター減り小
外装(外装パーツの状態) 5
使用傷、若干の色褪せ有り
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 4
ディスクローター錆小、ブレーキパッド要交換、タイヤ山5分
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
エキパイに汚れ・錆・付着物有り
フレーム 6
錆、傷等、一切なし
そのほか -
ABS付き、屋外保管のため、多少の錆、色褪せがあった

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

PRバイクワン
バイクワン公式サイトキャプチャ 引用元:バイクワン公式HP(https://www.bikeone.jp/)

最短で即日訪問&その場で現金支払い

この車種を査定してくれたのは、北海道・沖縄を除く全国各地で即日出張買取中の「バイクワン」。
大切にしてきた愛車の価値を正しくつけるため、エンジンから外装パーツ、フレームに至るまで丁寧に査定してくれる買取専門業者です。
国産車、輸入車、改造車、事故車、不動車に至るまで幅広く買い取り、 即日現金払いするなど「バイクをなるべく早く売りたい」というニーズに応えてくれます。
大切な相棒を任せるなら、バイクワンがおすすめです。

高額査定がついたCB400Fの画像はコレだ!

CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F

高額査定がついたCB400Fの画像はコレだ!

CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F
CB400F

「ライダーライターT」よりひとこと

こちらは平成25年式のCB400F。2013年に登場した型のネイキッドバイクですね。兄弟車種として400XやCBR400RRがあります。同じエンジンとフレームを使用しているのですが、CB400Fだけが先に生産終了。同じ排気量&ネイキッドバイクのCB400SFの人気に負けたのかもしれませんね。

CB400Fの買取相場は410,000円~470,000円となっています。こちらの車両の買取査定額は、410,000円です。エンジンの調子は問題なく、フレームにはサビや傷はありません。ただし、屋外保管のため外装に多少サビや傷、色あせがあります。また、ブレーキパッドがすり減っているため交換が必要な状態です。その分を差し引いて買取査定額を提示しているのでしょう。

仮に、ETCやメーターバイザー、スクリーンといったオプションが付いていた場合は、査定額にプラス30,000円してもらえる可能性があります。他にも社外のフルエキマフラーを装着し、純正マフラーを保管していたら20,000~50,000円ほど査定額アップが期待できたでしょう。

CB400Fとは

CB400F CB400F

CB400Fのスペック情報

型式 EBL-NC47
エンジン形式 NC47E
総排気量 399cc
最高出力 34[46]/9,500
最大トルク 37[3.8]/7,500
全長・全高・シート高 2,075mm/1,060mm/785mm
重量 190kg
燃料タンク容量 15L
燃料消費率 39.7km/L
発売年 2013年
メーカー希望小売価格 667,440円(2013年)
カラー パールサンビームホワイト 他

CB400Fの歴史

2013年に販売開始された400ccクラスのネイキッドバイク

旧車として有名な「CB400FOUR」とは、異なるCB400F。2013年に発売開始された水冷4ストローク直列2気筒エンジンを搭載したバイクです。同時期に販売されたスポーツレプリカの「CBR400RR」とクロスオーバースタイルの「400X」と同じエンジン&シャシーが採用されています。スタンダードモデルとABS仕様モデルがラインナップされました。CB400Fはネイキッドバイクをコンセプトにしており、ビギナーからベテランまで多くのライダーが乗りやすいのが特徴です。装備されているV字のヘッドライトには、採光特性に優れたマルチリフレクターが採用され、夜間でも安全に走行できるようになっています。また、CB400F専用のバーハンドルを装備しており、他の兄弟車種よりも操作性が高く、楽に運転できるのも魅力と言えるでしょう。シート高は785mmと高めですが、シートが細くなっているので足つきが良いのが特徴です。

しかし、400ccクラスのネイキッドバイクとして4気筒エンジンのCB400SFが人気を博しており、2気筒エンジンのCB400Fの需要が少なかったせいか2016年には生産終了を発表されました。

CB400Fの魅力

単気筒と4気筒エンジンの両方の特徴を持つバイク

CB400Fは2気筒エンジンを搭載しており、単気筒と4気筒エンジンの特徴を足して2で割ったような走りが魅力です。そのため、低速でも粘り強く高回転域でも最大限のパワーを発揮します。低・中回転域から高回転に至るまでがスムーズで、高めの回転域でギアをつなげると軽快な走りになり、スポーティーな走りも楽しめるでしょう。さらに、高い路面追従性を持つ前後のサスペンションを採用しており、常に安定した走行を実現。ツーリングや街乗りといったシチュエーションに合わせたライディングが楽しめるバイクです。

また、CB400Fはコンピューター解析技術によってピストンの剛性・強度・軽さといったバランスを最適化しています。燃料噴射機器に電子制御で混合気体をコントロールするFI(フューエルインジェクション)を採用し、燃料の消費率の効率化を実現。39.7km/L(60km/h定地走行テスト値)と優れた燃費性能が魅力的です。

 
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?