バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » カワサキ【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » Z1-R
  

カワサキ

Z1-R

「角形Z」の先陣を切った元祖カフェレーサー
Z1-Rの買取相場と査定レポート

伝説名車Z1をベースに、エンジンを1000cc化し直線基調のデザインとビキニカウルを装着したカフェレーサーとしてお目見え。「角形Z」の先陣を切ったのがZ1-R KZT00Dでした。気になる買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

Z1-Rを査定してもらいました!

高額査定がついたZ1-Rの画像はコレだ!

kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例

高額査定がついたZ1-Rの画像はコレだ!

kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
kawasaki_z1-r_kzt00d 買取査定事例
買取車情報
年式 1978年
走行距離 8,000km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 レストア済、マフラー・スプロケ・ハンドル他
査定者の評価コメント
エンジン
3
錆、フィン欠け、カバー傷・錆
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
3
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態)
3
タンク傷・塗り・内部錆取り跡、シート張替・あんこ抜き・ベルト欠品
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
3
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
3
サイレンサー傷・錆・下部穴あり、ウインカー傷
フレーム
3
メインフレーム塗り・錆、ストッパー傷・凹み
そのほか
-
D1、純正キー、レストア済だが各所傷や錆が目立つ

※点数は10点満点です

査定者の評価コメント
エンジン 3
錆、フィン欠け、カバー傷・錆
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 3
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態) 3
タンク傷・塗り・内部錆取り跡、シート張替・あんこ抜き・ベルト欠品
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 3
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 3
サイレンサー傷・錆・下部穴あり、ウインカー傷
フレーム 3
メインフレーム塗り・錆、ストッパー傷・凹み
そのほか -
D1、純正キー、レストア済だが各所傷や錆が目立つ

※点数は10点満点です

PRバイクワン
バイクワン公式サイトキャプチャ 引用元:バイクワン公式HP(https://www.bikeone.jp/)

最短で即日訪問&その場で現金支払い

この車種を査定してくれたのは、北海道・沖縄を除く全国各地で即日出張買取中の「バイクワン」。
大切にしてきた愛車の価値を正しくつけるため、エンジンから外装パーツ、フレームに至るまで丁寧に査定してくれる買取専門業者です。
国産車、輸入車、改造車、事故車、不動車に至るまで幅広く買い取り、 即日現金払いするなど「バイクをなるべく早く売りたい」というニーズに応えてくれます。
大切な相棒を任せるなら、バイクワンがおすすめです。

条件が違ったらZ1-Rの査定額はどう変わる?

オプションパーツ装着、純正パーツ有り プラス30,000円~50,000円
傷・錆無し プラス50,000円~
長期放置により加修が必要な車輛 マイナス100,000円~
オプションパーツ装着、純正パーツ有り
ププラス30,000円~50,000円
傷・錆無し
プラス50,000円~
長期放置により加修が必要な車輛
マイナス100,000円~

ライダーライターTよりひとこと

こちらは1978年式のZ1-R KZT00D。角形フォルムにビキニカウル、青みがかったシルバーのカラーによって、D1型のZ1-Rであることが即座に分かりますね。KERKER製のマフラー装着も、この時代のカワサキ車ではまさに定番カスタム。

気になる買取相場は驚きの1,850,000円~3,300,000円!この個体もコンデション的には錆や傷が多い状態にもかかわらず、2,800,000円という破格の査定金額が提示されたそうです。カワサキのZ系、強し、と言うしかありませんね。

なおオプションパーツ装着かつ純正パーツの保管で30,000円~50,000円程度。傷や錆などが一切なければプラス50,000円以上。フルレストア済の美車ならばプラス100,000円以上の査定アップが期待できるそうです。

Z1-Rとは

kawasaki_z1-r_kzt00d

Z1-Rのスペック情報

総排気量 1015cc
最高出力 90PS/8,000rrpm
最大トルク 28.7kgf·m/7,000rrpm
全長・全高・シート高 2,235mm/1,295mm/815mm
重量 246kg
燃料タンク容量 13L
燃料消費率 -
発売年 1978年
メーカー希望小売価格 逆輸入車のため無し
カラー ブルーイッシュシルバー

Z1-Rの歴史

Z1をベースに、カフェレーサースタイルへ進化

Z1-R KZT00Dは1978年に登場。車名が示す通り、かの名車Z1をベースに、角形デザインへの変更、ビキニカウルの装着、4in1集合マフラーの採用などを行い、当時欧米にて大いに流行していたカフェレーサースタイルのモデルを求めるニーズに応えて市場投入されたモデルになります。

ベースとなったZ1やZ1000とは真逆の、直線基調で角ばったデザインはまさに大変貌という感じですが、実はこれ、本来であればボツになるはずだったとのこと。ところがアメリカ市場からカフェレーサースタイルを求める声が寄せられ、試しにこのデザインを提案してみたところ、大好評を博し生産化されることになったとのエピソードが語られています。

Z1-Rの魅力

初の「角形Z」かつ、初のカフェレーサースタイル

Z1の系譜に連なるカワサキ車は中古車市場において高い人気を博していますが、このZ1-R KZT00Dもそうしたモデル群の1台。前述しました通り、当時欧米で大流行となりつつあったカフェレーサースタイルのニーズに応え、ビキニカウルや4in1マフラーといった、当時のレーシングマシンを彷彿させる装備によって、人気を爆発させました。

しかしながら、当時の日本ではまだ逆輸入車というものが一般的ではなく、また為替レートの関係もあり、一般のライダーにはほぼ入手することが出来ないという状況でした。そうした歴史が回りまわって、40年以上前の車種であるにも関わらず、中古車市場にてプレミア価格で取引されているのです。改めてカワサキファンの情熱というものに、脱帽させられてしまいますね。

 
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?