SW-1(NJ45A) 1992年式

バイク売却完全ガイド

バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » スズキ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » SW-1(NJ45A) 1992年式
  

SUZUKI

SW-1(NJ45A)1992年式

スポーツバイクをファッショナブルにするとこうなる!
SW-1(NJ45A)の買取相場と査定レポート

ヨーロッパの街並みが似合う、レトロ感あふれるフォルムとカラーで人気となったSW-1(NJ45A)。コンセプトは「なつかしさと安らぎを感じるバイク」でした。百貨店でも販売された異色のバイクSW-1(NJ45A)の買取相場や実際の査定結果をレポート。

SW-1(NJ45A)を査定してもらいました!

SW-1(NJ45A)
買取車情報
年式 1992年(平成4年)
走行距離 12,300km
状態(外観) 良好
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
3
錆、オイル漏れ、始動時異音大、アイドリング不安定
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
4
ステム錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態)
3
タンク内錆、全体色褪せ・傷・錆多、シートヘタリ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆、電装系問題無し
フレーム
3
ストッパー傷・凹み、スタンド曲がり・傷
そのほか
-
屋外で放置期間有り 年式相応

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

査定者の評価コメント
エンジン 3
錆、オイル漏れ、始動時異音大、アイドリング不安定
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 4
ステム錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り
外装(外装パーツの状態) 3
タンク内錆、全体色褪せ・傷・錆多、シートヘタリ
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 4
サス錆、ホイール錆、タイヤ減り
電気保安部品(マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆、電装系問題無し
フレーム 3
ストッパー傷・凹み、スタンド曲がり・傷
そのほか -
屋外で放置期間有り 年式相応

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

PRバイクワン
バイクワン公式サイトキャプチャ 引用元:バイクワン公式HP(https://www.bikeone.jp/)

最短で即日訪問&その場で現金支払い

この車種を査定してくれたのは、北海道・沖縄を除く全国各地で即日出張買取中の「バイクワン」。
大切にしてきた愛車の価値を正しくつけるため、エンジンから外装パーツ、フレームに至るまで丁寧に査定してくれる買取専門業者です。
国産車、輸入車、改造車、事故車、不動車に至るまで幅広く買い取り、 即日現金払いするなど「バイクをなるべく早く売りたい」というニーズに応えてくれます。
大切な相棒を任せるなら、バイクワンがおすすめです。

高額査定がついたSW-1(NJ45A)の画像はコレだ!

suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例

高額査定がついたSW-1(NJ45A)の画像はコレだ!

suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例
suzuki-sw-1 買取査定事例

編「ライダーライターT」よりひとこと

1992年式SW-1(NJ45A)は、東京モーターショーでコンセプトカーとして出展し注目を浴びたことで商品化されたバイクです。コンセプトありきで商品開発を進める難しさを乗り越え、普段使いのバイクとして広く普及。印象的なデザインは注目の的となりました。

買取相場(査定したのは2019年11月)は200,000円~330,000円。走行距離12,300kmは27年超の使用期間からすると多いとは言えないでしょう。事故やカスタム歴はありませんが、屋外保管期間があり年式相応の使用感です。今回の査定額は230,000円と相場内では低め。しかし経年数を考えると美観を保っていると言えます。

高い査定額を狙うなら屋内保管は必須です。ファッショナブルな外観なのでカスタムはそこそこに、フルレストアでバイクコンディションを高めに保つのがおすすめ。50,000円以上のプラス査定が期待できます。

SW-1(NJ45A)とは

SW-1(NJ45A)

SW-1(NJ45A)のスペック情報

型式NJ45A
総排気量 249cc
最高出力 20ps/8,000rpm
最大トルク 2.1kg-m/5,500rpm
全長・全高・シート高 2,105mm/1,095mm/770mm
重量 168kg
燃料タンク容量 10.0L
燃料消費率 50.0km/L
発売年 1992年
メーカー希望小売価格 688,000円
カラー クリーム

SW-1(NJ45A)の歴史

ヒューマンウェアをコンセプトに開発されたバイク

SW-1(NJ45A)は1989年の東京モーターショーに出典されたコンセプトカーのひとつでした。反響がよく市販化にこぎつけたのですが、実現したのは3年後。コンセプトを壊さず高性能を提供するために必要な時間だったのでしょう。カウルに隠されたベースはDR250やGN250といったスポーツバイク。走行性能ではなくファッション性を主眼においた仕上げとなりました。バイク屋だけでなく百貨店でも販売されたという異色のバイクとして、歴史の1ページに刻まれたバイクです。

SW-1(NJ45A)の魅力

ファッション性の高さは他の追従を許さない

SW-1(NJ45A)の魅力はファッション性。ベースのスポーツバイクの性能がまるっきり活かされないデザインとポジションなので、250ccクラスの走りを求めてはいけません。附属の専用工具が充実しているのも、備品ではなく日常を彩る小物として扱われているから。積載性は比較的高く、ヘルメットや手袋などはバイクで保管可能。センスよく街乗りを楽しみたい人にこそおすすめのバイクです。

 
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?