バイクの買い取り市場カタログ
バイクの買取相場カタログ » ヤマハ 【全車査定レポート付き!バイクの買取相場】 » DT230 LANZA
  

ヤマハ

DT230 LANZA

ヤマハ最後の公道用2ストオフローダー
DT230 LANZAの気になる買取相場や実際の査定額は?

時代の趨勢によって次々と生産終了となっていった2ストロークエンジン搭載モデル。そうした時勢のなかで、ヤマハ最後の公道用2ストオフローダーとなったのがDT230 LANZAでした。気になる買取相場や実際の査定結果をレポート!併せて、その歴史や魅力などもご紹介しています。

DT230 LANZAを査定してもらいました!

DT230 LANZA
買取車情報
年式 1997年
走行距離 8,100km
状態(外観) 年式相応
エンジンの状態 可動
事故歴 無し
改造の有無 無し
査定者の評価コメント
エンジン
4
錆、カバー傷・錆、キック時異音あり
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態)
4
ステム錆、ハンドル傷・錆、サス錆、ホイール錆
外装(外装パーツの状態)
4
タンク傷、サイドカバー傷、フェンダー傷
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態)
4
サス錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか)
4
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆・凹み、ヘッドライト傷、ウインカー傷
フレーム
4
メインフレーム傷・錆、ストッパー傷、ステップ傷
そのほか
-
鍵1本、年式なりに各所傷や錆あり

※点数は10点満点です(sponsored by バイクワン)

査定者の評価コメント
エンジン 4
錆、カバー傷・錆、キック時異音あり
フロントまわり(前輪周辺の足まわりや状態) 4
ステム錆、ハンドル傷・錆、サス錆、ホイール錆
外装(外装パーツの状態) 5
タンク傷、サイドカバー傷、フェンダー傷
リヤ周り(後輪周辺の足まわりや状態) 4
サス錆、ホイール傷・錆、タイヤ減り
電気保安部品 (マフラー、メーター、ウインカー、電気系統ほか) 4
サイレンサー傷・錆、エキパイ錆・凹み、ヘッドライト傷、ウインカー傷
フレーム 4
メインフレーム傷・錆、ストッパー傷、ステップ傷
そのほか -
鍵1本、年式なりに各所傷や錆あり

※点数は10点満点です

PRバイクワン
バイクワン公式サイトキャプチャ 引用元:バイクワン公式HP(https://www.bikeone.jp/)

最短で即日訪問&その場で現金支払い

この車種を査定してくれたのは、北海道・沖縄を除く全国各地で即日出張買取中の「バイクワン」。
大切にしてきた愛車の価値を正しくつけるため、エンジンから外装パーツ、フレームに至るまで丁寧に査定してくれる買取専門業者です。
国産車、輸入車、改造車、事故車、不動車に至るまで幅広く買い取り、 即日現金払いするなど「バイクをなるべく早く売りたい」というニーズに応えてくれます。
大切な相棒を任せるなら、バイクワンがおすすめです。

高額査定がついたDT230 LANZAの画像はコレだ!

yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例

高額査定がついたDT230 LANZAの画像はコレだ!

yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例
yamaha_dt230_lanza 買取査定事例

「ライダーライターT」よりひとこと

1997年式のDT230 LANZA。2ストオフローダーならではの40psというパワーを誇りながら、同じヤマハのセローにも通じる扱いやすさも兼ね備えていたというのが印象深かったですね。

この個体に対する買取査定としては、さすがに四半世紀前の年式だけあり、それなりに錆や傷、劣化箇所などが見られる状態。しかし目立つような大きなダメージはないと評価されたそうです。

なお、シートやハンドル周りなどにカスタムが施されていればプラス10,000円~20,000円程度。社外製マフラーへの交換かつ純正マフラー保存でプラス20,000~40,000円程度の査定アップが期待できるそうです。

DT230 LANZAとは

DT230 LANZA

DT230 LANZAのスペック情報

型式 4TP
総排気量 224cc
最高出力 40PS/8,500rrpm
最大トルク 3.7kgf·m/7,500rpm
全長・全高・シート高 2,140mm/1,200mm/865mm
重量 130kg
エンジン 水冷2ストローク単気筒
燃料タンク容量 11L
燃料消費率 40.0km/L
発売年 1997年
メーカー希望小売価格 435,000円
カラー パープリッシュソリッドホワイト1、ディープパープリッシュブルーメタリックC

DT230 LANZAの歴史

2ストオフローダーらしさに、身近な扱いやすさを融合

DT230 LANZAは1997年に登場。当時ヤマハがラインアップしていたDT200Rのエンジンをロングストローク化し224ccに排気量を拡大し、軽量コンパクトなセミダブルクレードルフレーム搭載してお目見えしました。

一方で、いわゆる本格オフローダーとは一線を画し、サスペンションストローク量を抑えシート高も(オフ車としては)低めに設定。さらには2ストオフローダーとしては珍しく、セルスターターまで装着(キックスターターも併設)されたという、なかなかに画期的なものでした。ちなみに翌年の1998年式には、エンジンオイルの消費と排気煙を減少させるYCLSという機構が追加され、スイングアームがアルミ製に変更されています。

DT230 LANZAの魅力

短命に終わったことが惜しまれる、2スト版セロー

DT230 LANZAはお察しの通り、2スト版セローとして設計、生産されました。当時のオフローダーは、フルスペック&フルサイズで性能至上主義を貫いていた本格タイプと、より身近で扱いやすいマウンテントレールタイプに2極化されていました。後者の代表格はもちろん、ヤマハが手掛けていたセロー225/250です。

セローで好評を得ていた扱いやすさと悪路走破性の両立したモデルという利点に、2ストロークエンジンならではのハイパワーを融合させたのが、このDT230 LANZAだったのです。まさにヤマハの自信作でしたが、タイミング悪く排ガス規制の波に飲み込まれ、僅か2年で生産終了となってしまったことが悔やまれます。そうした事情もあり、中古車市場では高い人気を維持しています。

 
バイクの買取相場について
疑問に思っていることはありませんか?