バイク買取で人気のメーカー一覧【ピアジオ編】 

今が売り時!?中古市場で
人気バイクはこれだッ!!

POPULARITY

バイク買取情報【ピアジオ】

PIAGGO
50年以上の時を駆け続ける「Primavera」
引用元:ベスパジャパン
(https://vespa-japan.com/)

重工業が母体のメーカー

1884年に創業した重工業メーカーが母体である「ピアジオ」は、もともとイタリアで創業した船舶用部品のメーカーです。そのあとで鉄道車両製作などに事業を拡大し、第二次世界大戦中に航空機のメーカーとして更にブランド名が大幅に世の中に知れ渡るようになりました。

しかしイタリアは戦争に敗退という結果に。そのため事業の民需転換を図ることを目指し、オートバイの生産に着手するようになりました。航空機で培った技術・ノウハウを駆使し、スモールコックボディ・駆動部分に至るまで全て一つにまとめたスイングユニットのエンジンや片持ち式のフロントサスペンションと言ったこれまでになかったような構造を持ったオリジナルのスクーターを1946年に完成。それが今でも高い人気を誇るブランド「ベスパ」です。

1960年代にはオートバイ部門と航空機部門が別れ、主力商品として人気のあるベスパの生産を継続しながら、各ブランドの吸収合併を行いました。現在では6ブランドも存在させるような一大グループに成長を遂げています。

ただ2000年ごろには経営危機に陥ったこともありましたが、2003年には経営陣を刷新するなどの改革を行い、経営を立て直した経緯があります。様々なタイプのスクーターを製造できる体制を完備し、バイク初の前2輪・後1輪のリバーストライクスクーター「MP3シリーズ」も誕生。

スクーターのスペシャリスト的存在

ピアジオにはアプリリア・ジデラなどのスポーツ系のブランドだけじゃなく、伝統的ブランドのベスパ、社名から取ったピアジオブランドなど、スクーターのスペシャリストと言っても良いほどのブランドが存在しているよ。

ベスパ・ピアジオはスクーターという共通点はあるものの、特徴が全く異なり、デザインなど別物と言えるんだ。ベスパは航空機の製造を活かしたスチールモノコックボディ・片持ち式のフロントサスペンションが魅力的で、時代に合わせたアップデートもしているよ。一方のピアジオブランドは日本車のような品質かつ高性能さを重視しているし、革新的な技術も導入しているという魅力があるんだ。とくに世界で初めてリバーストライクスクーターであるMP3シリーズが販売されたときは、衝撃を受けたよ。

さすがの世界観・存在感

ライダーの中でピアジオを選ぶのは、独自の世界観・ファッションセンス・存在感を愛している印象を受けるぜ。ピアジオブランドという愛着を強く抱いているからこそ、長きに渡って乗り続けてしまうよな。

さらに「ローマの休日」「トランスフォーマー」など様々な映画・ドラマなどのメディアにも登場しているんだぜ。それほどオシャレなデザインともいえるんじゃないかな。だからバイク自体には全く興味がない方でも、メディアでのピアジオなどを見て、ベスパ好きになったケースも。さすが映画・ドラマのパワーだぜ。

ピアジオを買取する際の評価ポイント

ピアジオを買取する際、走行距離や外装の綺麗さなども重要な評価ポイントです。もちろん、これらのポイントは日ごろのメンテナンスで十分にケアすることができます。ただケアによってはマイナス査定になることもあるので注意が必要です。そのためピアジオを査定する前に、マイナス査定を回避していくポイントをチェックしてみましょう。

評価ポイントを把握しておく

ピアジオに限らず、バイクの査定で重要になってくるポイントがエンジン部分などの内部の状態です。たとえば多走行の状態であれば、エンジン部分などに不具合をきたしやすい状況のため、どうしても査定額が下がりやすくなるでしょう。また、そこまで走行距離が走っていないバイクでも異音が発生する、アイドリングが不安定などの状態だと査定額に影響をきたしてしまいます。走行距離は調整しようがありませんが、エンジンに不具合をきたさないようオイル交換などのメンテナンスを行うことが重要です。

また他にもフレームに曲がりや歪みがないか、タイヤが摩耗していないかどうかも重要な査定ポイントになるでしょう。フレームの歪みなどを自分自身で戻すのは非常に難しいですが、タイヤの溝などをチェックすることは大切になってきます。タイヤは日ごろの走行性にも影響を与える部分なので、溝などをチェックし、走行距離や摩耗状態に応じてタイヤ交換を行うように心がけましょう。

カスタムされたピアジオの評価基準を知る

中にはバイクをカスタムする方もいるはずです。しかしピアジオ自体は非常にファッション性が高いバイクになるため、比較的カスタムしない状態の方が好まれるケースが多いでしょう。そのためカスタムを行ったとしても、できればオリジナルのデザインは残した状態の方が評価されやすくなります。徹底的にオーナー好みにカスタムされたバイクはカスタム好きからは「凄い」と思われるかもしれませんが、中古市場では大勢の人が「乗りたい」「乗ってみたい」と思えるようなカスタムが理想的でしょう。

メンテナンスには注意が必要

せっかく買取をしてもらうなら、少しでも高値で売却したいと思うケースも多いでしょう。そのため自分でメンテナンスを行ってから査定を考える人も少なくありません。しかし、せっかくしたメンテナンスがマイナス査定の要因になることもあるので注意が必要です。

たとえば傷を隠すためにタッチペンなどで補修を行うと、逆に傷が目立つ状態になることも。一度、傷がついてしまえば修正することは基本的にできません。そのため、そのまま放置しておいた方がマイナス査定になるリスクを防げるでしょう。またメンテナンスのために洗車しようと考えた結果、逆にバイクを傷つけてしまうこともあります。メンテナンスをするのであれば、しっかりと使う道具なども点検しておくことが大切です。

査定をするのであれば、自分のできる範囲のメンテナンスに留め、余計なことはしない方が良いかもしれません。

人気買取車両ラインナップ

関連記事一覧

原付?事故車?出張買取?即金希望?ニーズ別バイク買取業者

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、買取業者を紹介していくぞ。

管理人の紹介はこっちだ!>

出張査定をしてくれるバイク買取業者3選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめたわ。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間が違うから、ぜひ参考にしてね。

現金化が早いバイク買取業者2選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムバイク買取に対応する買取業者2選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイク買取サービス一覧

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いから買取金額も高くなりやすいの。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴よ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることをおすすめするわ。

原付・小型バイクの買取業者一覧

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者をいくつか紹介してるぞ。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うなら必見だ。

事故車・不動車・水没車のバイクの買取業者3選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

乗り換えキャンペーンをやっているバイク買取業者2選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にとって、下取りや乗り換え支援サービスは嬉しいわよね。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてみて。

パーツ買取に対応するバイク買取業者2選

カスタムに使う社外製のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンが残ったバイクの買取に応じる業者一覧

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車、Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出した実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

愛車の査定金額がその場でスグわかる!!
個人情報不要で自動オンライン査定
【PR】バイクワン