評判は?レッドバロンの口コミ集

  

主要なバイク買取業者の
口コミ・評判

REPUTATION

レッドバロンの概要

こちらの業者は1972年に創業。バイクの買取以外にバイク・パーツ・アクセサリー用品の販売・修理、直輸入バイク・パーツ・アクセサリー用品卸し及び小売販売、技術情報の紹介及び物品販売などを行っています。全国各地に数多くの店舗を構えているから困ったことがあればすぐに対応してもらえるかもしれないな。

レッドバロンのオフィシャルサイト
レッドバロン
会社名 株式会社レッドバロン
本社所在地 愛知県岡崎市藤川町字境松西1番地
電話番号 最寄り店舗にお問い合わせください 電話は最寄りの各店へ
事前査定方法 電話
出張買取対応エリア 全国エリアに対応(沖縄・一部地域を除く) ※出張引き取り後、店舗工場にて査定
買取方法 出張引き取り(店舗工場査定)・店舗買取
買取対象
カスタム車 不動車・事故車 バイク用品
△不動車のみ

レッドバロンの口コミ・評判

古いバイクを約5万円で買取ってくれました

オンボロのバイクがガレージにあったので、査定をお願いしてみました。せいぜい数千円くらいになればいい、と考えていたのですが、4.5万円という金額で買取ってもらうことができました。出張してくれたスタッフさんも気さくでいい人だったし、手続きも楽だったし、こちらにお願いして良かったです。

対応が良く、また利用したい業者

査定額が納得できる価格だった上、値付けの理由まで丁寧に説明してくれたので、変な不安を持つことなく気持ちよくバイクを手放すことができました。以前ほかの業者でバイクを売ったことがあるのですが、そのときよりずっと対応が良かったと思います。次もし買い替えるときも、こちらにお願いしたいです。

交渉で7万円くらい上げてもらいました

最初に提示された額に納得できず、粘って交渉してみたところ、7万円くらい買取額を上げてもらうことができました。自分でもちょっとグイグイやり過ぎているように思ったのですが、スタッフさんは終始笑顔で愛想がよく、イヤな顔ひとつせずこちらの言い分を理解くれて嬉しかったです。

最初の査定額から下がってしまいました…

数年前の話ですが、こちらでホンダのCRM250Rを買取ってもらいました。電話で最初に大まかな査定額を伝えてもらっていたのですが、いざ現物を見せると、最初の提示額より安い価格での買取となりました。キズや凹みがあったので仕方ないとは思いますが、もうちょっと高く買取ってほしかったです。

信頼できるスタッフさんに対応してもらえました

ポストに入っていたチラシがきっかけで、ほとんど乗っていない原付を売りに出すことにしました。出張を依頼するとすぐに来てくれ、査定は翌日に完了。買取額は5万円と、不用品にしてはいい値段で売れたと思います。さすが大手だと感心しました。知人がバイクを売るようなことがあったら、こちらを勧めるつもりです。

スタッフさんとバイク話が弾みました

バイク好きのスタッフさんで、自分と趣味も合ったため、けっこう世間話が盛り上がりました。買取額も納得できる額を提示してもらい、いい取引ができたと思います。これまでいくつかの業者でバイクを売却してきましたが、今のところレッドバロンの対応が一番よかったです。また機会があったらこちらにお願いしたいと思います。

きっかけは、たまたまでしたが・・・

自宅からほど近い場所にあったレッドバロンで気に入った車両を見つけて購入。接客や修理対応に不満は無く、工賃も他と比べて突出して高いとも感じませんでした。ただし、乗り換えの際の買取依頼は、買い換えるバイクが別の店の扱いだったために、第三者の買取専門業者に依頼しました。レッドバロンでの乗り換えだったら、そのまま依頼していたと思います。

ネット上では、悪評をよく目にしますが・・・

私個人は特に、バイク購入の際も、整備などに関しても、不誠実な対応をされたことはありません。いわゆる芸能人や超名人などが被る「有名税」というやつなのでしょう。全国規模の大手で有名な店だから、叩かれやすいということなのだと思います。将来的に乗り換える時も、今のところは、このままレッドバロンを利用するつもりです。

オイルリザーブと全国ロードサービスが魅力

レッドバロンでのバイク購入の決め手になったのは、お得にオイル交換ができるオイルリザーブシステムと、出先でも安心の全国ロードサービスがあったから。逆に、整備士さんやスタッフさんの人事異動が多いので、深い関係になりにくいのが難点ですね。乗り換えの時にも、オイルリザーブが引き継げるのもいいですね。

口コミ・評判トーク

手厚いアフターサービス

レッドバロンは、知らないバイカーはいないんじゃないかと思うくらい有名な大手バイク販売・買取ショップだ。同社のバイク愛は相当なもので、自社で設けた二輪整備技術研究所や各種専門工場、長年かけて構築したパーツ供給システムなど、アフターサービスは充実している

特に「パーツ供給システム」は、絶版パーツのストックやオリジナルパーツの開発で、様々な年代のバイク修理を可能にしている。このシステムのおかげでレッドバロンでは、1970年代~1990年代のバイクでも高く買取ることができるそうだぜ。

厳しい口コミは大手ならではの悩み

レッドバロンの口コミの中には、査定額に対する不満もチラホラ見受けられる。確かにレッドバロンは査定基準が少し厳しめな印象だけど、裏を返せば、修理やメンテナンスなど、バイクの再生に必要な費用を正確に見積もれるからなのかもしれないね。

レッドバロンのバイク修理・整備技術は業界でも屈指と言われており、買取られたバイクは自社工場で完璧に整備されて全国の直営店に出荷されているそうだ。愛車をただ売ってしまうだけではなく、どう扱われるかまで気になってしまうバイク乗りなら、レッドバロンの買取なら納得できるんじゃないかな。

レッドバロンの買取サービス

全国直営ネットワークによる高価買取

知っての通りレッドバロンは、全国に直営店のネットワークを築いている大手バイク買取・販売店だ。その企業力で培ってきた確かな情報収集と自慢の販売ネットワーク体制を駆使して、中古バイク市場の価格相場や、需要の動きを機敏に察知しているそうだ。適正な査定額を算出した上で買取して、それを自社の直営店で販売するという方式だぞ。

通常の買取専門業者だと、買取ったバイクは業者専用のオークションに出品して、バイクショップに売却するのが一般的なやり方だ。ただこれだと、間に複数の業者が入るから、その分のコストが中間マージンとして、買取額から減額されてしまうわけだ。その点レッドバロンだと、仕入れさえすれば全国の直営店で売却することができるから、中間マージン分をそのまま買取額に上乗せできるんだ。

独自の修理保証制度

レッドバロンには独自の修理保証制度ってのがあって、古い年式のバイクでも高価買取できるとしているぞ。バイク乗りなら知っている人間も多いだろうが、生産終了になったバイクのパーツは、その後7年間はメーカーがパーツの在庫を確保しておくことを義務付けられている。ただし、それ以後はメーカーの一存でパーツ供給が止められてしまうことが多いんだ。なもんで、古い年式のバイクはプレミア的な人気のある車種でない限り、中古車販売店でもパーツ入手が困難になって、不良在庫になってしまいがちなんだ。

その点、レッドバロンは様々なバイクのパーツストックや、自社独自のパーツの開発、修理ノウハウの蓄積といった企業努力をしている。なんでも25年の歳月をかけて独自のパーツ供給システムを確立したんだそうだ。パーツ切れが理由で査定額がダウンすることがなく、年式の古いバイクでもスムーズに中古市場へ受け渡しできるようにしているんだ。さすがだね。

大手ならではの充実したサービス

直接買取・直接販売や、修理保証制度の他にも、レッドバロンは大手ならではの充実したサービスをたくさん用意しているぞ。例えば事故って動かなくなったバイクでも無料で引き上げてもらえるし、ローンが残ってるバイクの買取もOKだ。あと、買取で店頭に持ち込んだ場合には、帰りの交通手段も配慮してくれるぞ。

もちろん本分はバイク販売店だから、新車・中古車の販売や、修理・メンテナンスまで、バイクに関する様々なことに対応してもらえる。悩みの相談なんかも然りだ。大手バイク販売店ならではの強みと言っていいだろう。

出張査定・買取の対応エリア

全国展開している大手バイク販売店だけあって、自宅や職場などへの出張査定・買取にももちろん対応しているぞ。ただし、他のバイク買取業者の多くがその場で査定し買取額を提示するのに対し、レッドバロンは一旦、最寄りの店舗や工場に車両を移動させてからの査定となる。この点は大きな違いだな。また、そうしたやり方ゆえなのだと思うが、沖縄と一部の離島は出張査定の対象外となっているので、注意が必要だぞ。

北海道・東北 北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県
関東 茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県
甲信越・北陸 新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県
東海 愛知県/岐阜県/静岡県/三重県
関西 大阪府/京都府/兵庫県/滋賀県/奈良県/和歌山県
中国 鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県
四国 徳島県/香川県/愛媛県/高知県
九州 福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県

全国無料ロードサービス

レッドバロンでバイクを購入し、なおかつあいおいニッセイ同和損保のオートバイ保険に加入することで、「ロードサービスゴールドカード」会員となることができる。タイヤのパンクやバッテリー上がりの際のロードサービスが無料で利用できる(現場で行う修理の費用は有料)のをはじめ、最寄りのレッドバロン店舗まで無料搬送もしてくれる。基本は10:00~20:00となっているが、夜間でも提携業者が対応してくれるそうだぞ。

オイルリザーブシステム

レッドバロンならではのサービスとして、バイク乗りの間ではけっこう知られているよな。簡単に言えば、バイクを購入した時などに、予め一定量(15Lまたは30L)のオイルをまとめて購入し、リザーブしておくという方式。オイル交換の時期が来たら、全国どこの店舗のレッドバロンでも、リザーブしている分のオイル交換が行えるというものだ。もちろんはじめに一定量購入するオイルの料金は、通常に比べ、割安な価格設定となっているぞ。

レッドバロンの特徴

さすがにレッドバロンは名の通ったバイク販売店だけあるわよね~。バイクの買取専門業者とは、ひと味もふた味も違った、独自のサービスや強みを持っているというのは、さすがって感じ。なかでもビックリしたのは、古い年式のバイクのパーツを、自社で確保できるようにしているってところ。他のバイク買取業者や販売店には、なかなか真似できないことよね~。ホント、さすがだわ~。オイルリザーブシステムも、レッドバロンでの買い替えなら、そのまま引き継げるというのもいいわね。それこそ、レッドバロンで買ったバイクなら、買取もレッドバロンでというのが、王道みたいね。

ただし、バイク買取で高額を目指すなら、たとえレッドバロンで買ったバイクでも、そのままレッドバロンに依頼する前に、複数の業者を比較してみるべきよ。でも、一括査定は利用しちゃダメ。しつこい電話やメールがひっきりなしに来ちゃうから。

なんで、バイク買取の時はある程度業者を絞り込んだ上で、比較するのが賢いやり方よ。このサイトは10社以上のバイク買取業者の特徴や、出張買取対応エリアなど、様々な情報を取りまとめているから、参考資料として役立ててみてね。

買取強化車種

公式ホームページに記載が見当たらないので、レッドバロンでは月替わりや特定の期間ごとの「買取強化車種」という設定は、特に行っていないものと見受けられる。逆に言えば、取り扱い可能なバイクすべてが買取強化車種ということだな。それこそジャンルや国産・海外メーカーどんなバイクでも大歓迎とのことだ。また、レッドバロン以外のバイク販売店で購入した車両であっても、買取依頼には門戸を開いているぞ。この辺はさすが、業界大手のレッドバロンって感じだよな。

ちなみに、レッドバロンでは、バイク販売の方で、外車と逆輸入車のフェスタというのを実施しているようだ。全国規模でバイク販売と買取を行っているだけあって、各地の店舗で在庫のある外車や逆輸入車のリストを、公式ホームページ上で一挙公開しているぞ。

厳密に言えば「買取強化車種」とは違うんだが、こんな車種も扱っているというのは、同じモデルを買取依頼したいという時に、参考になるはずだ。主なものをいくつか紹介していくぜ。

KTM 250 Duke

オフロードを得意としてきたオーストリアのメーカーで、近年ではオンロードモデルも充実している。Dukeは、そんなKTMが手がけるネイキッドスタイル。久々に登場した「普通自動二輪免許で乗れる外車」としても話題になったな。

ヤマハV-MAX US/CAL仕様

初代の威風堂々とした存在感を受け継ぎながら、エンジンから電子システムまでをすべて刷新した2代目 V-MAXだね。日本メーカーはもちろん、海外メーカーにも、直接のライバルはいない、孤高の存在だよな。

トライアンフBonneville T100

知っての通り、イギリスのトライアンフは世界最古のオートバイメーカーだ。そしてこのボンネビルは、古き良き時代のスタイルを、現代に蘇らせた「ネオクラッシック」スタイルだ。言ってみれば、ヤマハSRやカワサキWシリーズなんかの大先輩ってところだね。

カワサキ Ninja H2 Carbon

量産市販車として世界初のスーパーチャージャー搭載モデル…Ninja H2を語るなら、この点は絶対外せないポイントだよな(笑)。もちろんそれだけでなく、特徴的なフィンやカナード、さらにはバックミラーの形状なんかもすべて、空力とダウンフォース効果を計算しているというのがすごい。まさに川崎重工の最新テクノロジーを駆使して造り上げられている特別なモデルだな。

モトグッチ V7 III Stone/V7 III Carbon

一般的な知名度ではドゥカティに及ばないが、モトグッチもイタリアの伝統あるバイクメーカーだ。大きな個性と言えるのが、Vツインエンジンを横置きにしてシャフトドライブで駆動するメカニズム。BMWのボクサーに近い感じだね。V7 IIIはそんなモトグッチのスタンダードネイキッド。Stoneが標準タイプでCarbonが上級グレードだ。

レッドバロンの買取キャンペーン

オイルリザーブシステム・盗難保険は継続可能

バイクの買い替えなどの場合、下取りしてもらったバイクについていたオイルリザーブシステムや盗難保険はそのまま継続することが可能だ。

新しいバイクはレッドバロン直営店から無料で探してもらえる

バイクの買取を専門に行っているのではなく、バイクの販売も行っているのがこちらの業者の強み。新しくバイクを購入する場合は、無料で探してもらうこともできるぞ。

バイク高額買取業者比較ランキング!

総合1位バイクワン

バイクワンのオフィシャルサイト
査定額 218,900
現金
即日
不動車
事故車

総合2位バイクランド

バイクランドのオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

総合3位バイク王

バイク王のオフィシャルサイト
査定額 15万円
現金
即日
不動車
事故車

管理人おすすめのバイク買取業者10選

「自慢の愛車を高く買い取ってほしい」と悩むライダー諸君。原付や事故車、出張買取や即金など、バイクの状況やライダー諸君のニーズごとにカテゴライズして、おすすめの買取業者を紹介していくぞ。

管理人の紹介はこっちだ!>

実録!!出張買取をカワサキDトラッカーで徹底リポート

管理人の(元)愛車 Dトラッカーを、バイクワンの出張買取に出した実際の買取金額・その内訳、そして査定時に見られたポイントまで紹介していくぞ。

出張査定・出張買取に対応するバイク買取業者10選

バイクを置いてあるところまで訪問して査定・買取(引き取り)までしてくれるバイク買取業者をまとめたわ。電話したその日に来てくれる即日対応可能なところも。業者によって対応地域や受付時間がちがうから、ぜひ参考にしてね。

即日その場で現金払い(即金)のバイク買取業者10選

出張買取の当日に、その場で現金払いしてくれる業者を紹介するぞ。「今日すぐに現金が必要」という人のために、即金対応してもらうための準備もまとめてある。ぜひ参考にしてくれ。

カスタムしたバイクの買取業者10選

一般的にカスタムバイクの買取相場は安くなるといわれているが、実はそうでもない。使用したパーツを高価買取する業者もあるのだ。カスタムバイクを高額買取してくれる業者や、高く売るコツを解説していくぞ。

大型バイクの買取業者10選

1000CC以上の大型バイクは、元の値段が高いから買取金額も高くなりやすいの。特にハーレーのような人気メーカーは買い手がつきやすいのが特徴よ。だからこそ、キャンペーンや買取強化月間など、各社のサービスをチェックすることをおすすめするわ。

原付・小型バイクの買取業者9選

50CCの原付から~250CCまでの小型バイクの買取業者を選定した。元値が安いため買取金額も安くなりがちだが、「処分するくらいなら適切な価格で買取ってもらいたい」と思うなら必見だ。

不動車・事故車の買取業者7選

事故で転んだ・水没した・放置してたら動かなくなったなど、壊れていてもバイクは売れる。出張で引き取りにも来てくれるから安心だ。処分前のバイクでも買い取ってくれる業者を厳選したので、参考にしてほしい

下取り・乗り換え支援サービスのあるバイク買取業者5選

新しいバイクが欲しい、そろそろ買い替えたいという人にとって、下取りや乗り換え支援サービスはうれしいわよね。中には新しくバイクを買う人に現金をプレゼントしてくれる業者もあるので、一括査定の前に、是非チェックしてみて。

パーツや工具も買取してくれるバイク買取業者4選

カスタムに使う社外製のパーツや、ヘルメット・ウェア・工具まで買い取ってくれるバイク買取業者を集めたぞ。バイクと同時に売ることも出来るし、パーツのみを宅配買取も可能な業者がある。ぜひ参考にしてくれ。

ローンの残ったバイクの買取業者10選

ローン返済中のバイクでも、売却することは可能だ。ただし、名義人が誰かによって対応がかなり変わってくる。ここでは、ローンのあるバイクの買取の出し方から、手続きの代行や残債の振り替えなどに対応してくれる業者を紹介するぞ。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
バイク買取(売却)について
疑問に思っていることはありませんか?